ウェンブリー・スタジアム・ツアー

ウェンブリー・スタジアムは、数々のスポーツ大会、コンサートを開催してきました。ウェンブリー・スタジアム・ツアーに参加して、その輝かしい歴史と知られざる事実を発見しましょう。

The London Pass ロンドンパスのメリット:入場料が含まれています(ウェンブリー・スタジアム・ツアー) 通常 £24.00 - ロンドンパスに含まれるもの

サッカー・イングランド代表チームのホームグラウンド、ウェンブリー・スタジアムに足を運び、プレイヤートンネルやロッカールームを見学する舞台裏ツアーに参加しましょう。

ロンドンパス®で、ウェンブリー・スタジアム・ツアーをお楽しみください。
- 入口で入場料を支払う必要はありません。ロンドンパスをお見せください。
- ウェンブリー・スタジアムはロンドンで最大、また最も権威のあるスポーツスタジアムです。悲嘆や大歓声など、さまざまなドラマが繰り広げられたスタジアムについて学びます。

スタジアム・ストアでロンドンパスを提示すると、15%割引を受けられます。

ウェンブリー・スタジアムの歴史

このスタジアムは1923年に、エンパイア・スタジアムとして開場しました―大英帝国博覧会のために建設されたのです。当時の費用で75万ポンド、建築はサー・ロバート・マカルパイン社が手がけました。当初は、大英帝国博覧会が終わったあとスタジアムを取り壊す計画でしたが、同博覧会の議長サー・ジェームズ・スティーブンソンは、スタジアムを維持することに決めました。

スタジアムで開催された最初のサッカーイベントは、1923年のFAカップ決勝戦でした。その後、イングランドが優勝した1966年のFIFAワールドカップなど、決勝戦や国際試合の会場になりました。

また、ライブコンサートの会場としても有名です。初めて演奏したバンドは1969年のイエス (Yes)でした。その後、ロンドン・ロックン・ロール・ショーやライブ・エイドの舞台としても使用されました。これまで、最も多くスタジアムで演奏を行ったアーティストは、マイケル・ジャクソンで15回も公演を行いました。

旧ウェンブリースタジアムは、老朽化により2000年に一度取り壊され、その後すぐに再建する計画が始まりましたが、数々の不測の事態により、2007年にようやく再オープンしました。それ以来、数々のサッカーやラグビーの決勝戦、2012年のロンドン・オリンピック、アメリカン・フットボールなどのスポーツイベント、さらに、マドンナ、メタリカ、ビヨンセなどアーティストのコンサートなどを開催してきました。

ウェンブリー・スタジアム・ツアーのハイライト

  • 現代スポーツ史や音楽史における、最高の瞬間がよみがえります。
  • ウェンブリー・スタジアムの豊かな歴史を、数々のイベントにまつわる展示品でご紹介します。
  • 情報通のツアーガイドから、たくさんの舞台裏話を聞くことができます。

ウェンブリー・スタジアムの豆知識

総改築されたスタジアムは、かつてのシンボルだったツインタワーに代わり、巨大なアーチが特徴となっています。現在では、世界で最もモダンで美しいアリーナの1つとして知られています。

スタジアムがジョージ5世によって公式に開場宣言されたのは1924年4月23日でしたが、その前年に最初のFAカップ決勝戦を開催しています。この決勝戦には、およそ20万人のファンが詰めかけました。決勝戦では、ボルトン・ワンダラーズFCがウェストハム・ユナイテッドFCを2-0で下し優勝を収めました。この決勝戦は、「ホワイト・ホース・ファイナル」として知られるようになりました。白馬に乗った警官が、ピッチにあふれるファンを抑えて、試合ができるスペースを確保したからです。

トロフィー受賞者の表彰台までの階段は107段あります。

新しいウェンブリー・スタジアムの屋根までの建物総容積は、約400万立方メートルあります。これは、2階建てバス25,000台、または70億パイント(40億リットル)の牛乳が入る大きさです。

ロック・コンサートが行われる場合、ピッチは特別設計された保護パネルで覆われます。最高で25,000人の観客がピッチでコンサートを観ることができます。

2つの巨大スクリーンは、それぞれ600台の家庭用テレビの大きさに相当します。

ウェンブリー・スタジアムには、90,000の観客席、310の車椅子スペース、400のプレス席があります。

スタジアムには、なんと2,618個のトイレがあります。

お見逃しなく

ツアー参加者は到着するとすぐに、セルフガイドのデバイスを通じて、ウェンブリー・スタジアムの歴史を辿ることができます。あらゆるイベントや夢のような瞬間を、ウェンブリー・ブランドのマルチメディア・デバイスで配信される動画で鑑賞することができます。

ウェンブリー・スタジアム・ツアーの新しい見どころは、「クロスバー・エキシビション」と「ウォーク・オブ・レジェンズ」です。1924年の大英帝国博覧会に関する展示物や1966年FIFAワールドカップ決勝戦で使用された伝説のクロスバー、1948年オリンピックの五輪旗、そして最新のものでは、2018年に全日完売ソロライブを行った、エド・シーランのギターなどを見ることができます。

それから、ガイドによるウェンブリー・スタジアム・ツアーがスタートします。マルチメディア・デバイスに表示される、テキストや画像、動画を通じて、ここだけで聞くことができる楽しいストーリーを楽しむことができます。

入場方法

当日のチケットは、ボビー・ムーアの彫像の隣にあるツアーの入口でご購入いただけます。

ロンドンパスを最大限に活用

スタジアムツ・アーを楽しんだ後は、イギリス空軍博物館、ロンドン動物園、ジェイソンのオリジナル運河ボート・トリップも、チェックしてみませんか?いずれのアトラクションの入場料もロンドンパス®に含まれています。

旅行前に知っておくべきこと

ツアーの当日、ツアー・チケット・オフィスからツアーチケットを入手できます。ウェブサイトで営業日を確認し、ツアー開始の少なくとも30分前にはお越しください。 ウェンブリー・アリーナまでは、スロープを辿って簡単にアクセスできます。スタジアム内にはトイレが147か所あります。 ツアーで使用されるデバイスは、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、標準中国語に対応しています。また、ガイド・ツアーはすべて、英国式手話でもご覧いただけます。

アクセス方法

電車: ウェンブリー・パーク駅 - メトロポリタン線、ジュビリー線 ウェンブリー・セントラル駅 - ベーカールー線、ナショナル・レール・オーバーグラウンド ウェンブリー・スタジアム駅 - オーバーグラウンド

バス: 18、83、92、182、223、224、483、N18、N83

公共交通機関の詳細については、ウェンブリー・スタジアム公式ウェブサイトをご覧ください。

 

参考: 
観光名所の全リスト

 

詳しくはこちら

視察 ウェンブリー・スタジアム・ツアー

視察 ウェンブリー・スタジアム・ツアー

  • ウェンブリー・スタジアム・ツアー Wembley London HA9 0WS

営業時間

11月1日 - 3月31日(ツアー出発60分ごと)ツアーの所要時間は1時間15分です。
Monday 10:00 - 15:00
Tuesday 10:00 - 15:00
Wednesday 10:00 - 15:00
Thursday 10:00 - 15:00
Friday 10:00 - 15:00
Saturday 10:00 - 15:00
Sunday 10:00 - 15:00
Last Admission: 参加されるツアーが始まる遅くとも30分前までにお越しください。
4月1日 - 10月31日(ツアー出発30分ごと)ツアーの所要時間は1時間15分です
Monday 10:00 - 16:00
Tuesday 10:00 - 16:00
Wednesday 10:00 - 16:00
Thursday 10:00 - 16:00
Friday 10:00 - 16:00
Saturday 10:00 - 16:00
Sunday 10:00 - 16:00
Last Admission: 参加されるツアーが始まる遅くとも30分前までにお越しください。

アトラクションの周辺

  • ジェイソンのオリジナル運河ボート・トリップ

    ジェイソンのオリジナル運河ボート・トリップパスなしの価格 £12 ニューヨークパスで無料

    View attraction
  • ロンドン動物園

    ロンドン動物園パスなしの価格 £23 ニューヨークパスで無料

    View attraction

当社をご利用いただく300万人のお客様の一部からの言葉はこちらです。