孤児院博物館(The Foundling Museum)

25,000人以上の子供たちを直接支援した英国初の子供たちの慈善団体、Foundling Hospitalの歴史を学びましょう。

The London Pass ロンドンパスの特典: ロンドンパスで孤児院博物館に無料で入場 特別オファー:パスを持っていれば、孤児院ガイドブックを特別価格の£3.00でお求めいただけます - 通常は£6.95です 通常 £12.00 - ロンドンパスに含まれるもの

英国初の児童チャリティの歴史を知る。ファウンドリング博物館は、ロンドン社会史の興味深い一面に特化した博物館です。

 

ロンドンパス®で孤児院博物館へのアクセスをお楽しみください。

- ドアで何も支払いません。入場するには、ロンドンパスを提示するだけです
- 11,000人以上の重要なイギリスのキャラクターの肖像画をご覧ください。
- さまざまな彫刻、メダル、コイン、死のマスク、蝋の胸像、陶器のフィギュア、張り子のモデル、版画、ぬいぐるみ、映画で満たされたいくつかのフロアを体験してください。
- パスは、一般的な博物館入場に含まれる現在の展示、ツアー、講義へのアクセスを許可します。

 

パス特典

また、パスホルダーは、3.00ポンド(通常6.95ポンド)の特別価格でFoundling Guidebookを購入できます。



直進...

- 歴史の孤児院博物館

- ファウンドリング博物館の見所

- ファウンドリング博物館の豆知識

- 現在のエキシビション

ご出発前に

- ロンドンパスを最大限に活用するために

- アクセス



歴史の孤児院博物館

ファウンドリング病院のストーリーを伝えます。18世紀に創立された同院は、育児放棄の恐れのある乳児を受け入れ、閉鎖までに約25,000人を収容しました。同院のストーリーを紐解く美術や文物、書類の常設展のほか、多様なプログラムにて展覧会や展示会、イベントを開催しており、多面的に歴史と触れ合うことができます。 

 

早期からの協賛者であったウィリアム・ホガース氏は、当時の著名な画家らに対し、同院の壁を飾る絵画を寄贈するよう呼びかけました。結果として多くの訪問者が集まり、同院は訪れるべきファッショナブルな場所の一つとなりました。こうして彼はロンドンで事実上初めてのパブリックアートギャラリーを生み出したのでした。訪問者らは同院のミッションと子供たちの姿に胸を打たれ、その多くが義捐金を提供しました。

博物館は、その創立以来、展示の中で双方向的な体験を取り入れたり、高等教育機関と連携して同館とそのコレクションをインスピレーションとする学生向けの講座を策定、監督するなど、児童育成の手法を再考する草分け的存在となりました。

これはファウンドリング博物館が展示している様々な創作媒体や幅広い分野の学習プログラムから見て取ることができます。例えば、デザインやパフォーマンス、音楽、博物館学コース、保存およびキュレーションクラス、さらに学生が自身の作品を展示のために応募できる機会などを提供しています。

今日のファウンドリング博物館は、入場料と商品売上による全ての収入を継続的なミッションに充て、英国の恵まれない子供たちへの不可欠な支援を行う登録慈善団体として活動しています。

ページのトップへ



ファウンドリング博物館の見所

  • 博物館の入場料に含まれるバラエティ豊かな音楽パフォーマンスを楽しむ。

  • 家族みんなで楽しめるワークショップとアクティビティで元気なランチタイム。

  • 特別ふれあいセッションにて、博物館の展示物がもっと近くに。
  • 博物館の入場料に含まれるバラエティ豊かな音楽パフォーマンスを楽しむ。

ページのトップへ



ファウンドリング博物館の豆知識

  • 2004年に創立されたファウンドリング博物館は、ファウンドリング病院のストーリーを伝えます。同院は、ホガース氏の活動の結果、現在ではコラム(Coram)の名で英国初の児童チャリティとして続き継がれました。同館は、ゲインズバラやホガース氏自身などの芸術家による作品を収蔵しています。

  • ファウンドリング病院て創立されましたは1739年に慈善家のトマスコーラムさん。同氏は、17年もの活動の後にジョージ2世より王室認可を受けることができました。

  • ファウンドリング博物館は、ファウンドリング病院が建っていた位置に近いブランスウィックとスクエアとロンドン最大級の児童公園コラムズ・フィールズの向かい側に立地しています。児童育成の手法を革新する積極的な取り組みから、ロンドンでもとりわけお子様にやさしい博物館の一つとなっています。

  • ケンブリッジ公爵夫人(キャサリン妃)が2019年3月にファウンドリング博物館の後援者となられて以来、同館を訪問されて様々なユースワークショップに参加されています。

ページのトップへ



現在のエキシビション

展示:Fear
2019年9月24日~2020年1月12日

同館のトレーニングプログラムに登録された若きケアリーバー(社会的養護経験者)たちが、寝室で体験する不安からインスピレーションを受けて、竹とトレーシングペーパーで安心できる基地を作りました。外側はリノリウム版画で安全な森を描き、内側は消印で寝室の不安を表現しています。


エキシビション:Two Last Nights! Show Business in Georgian Britain
2019年9月20日~2020年1月5日

全館にわたる双方向型の展示で、18~19世紀英国の劇場やコンサートの楽しみ方を発掘します。展示物は100点を超え、広告やチケット販売、観客の行動、ドレスコードなど、当時と現在の観劇やフェスティバル鑑賞における驚くべき共通点や相違点を発見することができます。

18世紀にショーを観に行くことが人気の娯楽として花開いた結果、エンターテイメント産業は目まぐるしく発展することになりました。ロンドンと地方の両方で数多くの劇場が建設され、音楽祭が誕生したのです。エンターテイメントが成長したことで、今日のオーディエンスは幾通りもの楽しみ方ができるようになりました。

劇場支配人や舞台デザイナー、風景画家から飲食物の売り子、チケット回収員まで、興味深い裏方たちの働きぶりが見て取れます。ホガースやヘイマン、ランバートなど往時の巨匠たちが、どのようにして舞台デザイナーや風景画家として芸能界と交わることになったのでしょうか。どうぞご覧ください。

ページのトップへ



ご出発前に

  • ワークショップとイベントの予定は変更されることがあります。がっかりしないためにも、事前に開催状況を確認しましょう。 

ページのトップへ



ロンドンパスを最大限に活用するために

  • こちらの歴史建築へ無料で入場し、お子様向けのワークショップやイベントを体験しましょう。

  • リクエストに応じて外国語ガイドもあります。ご到着時にお求めのうえ有意義な時間をお過ごしください。

  • ファウンドリング博物館から徒歩すぐの距離にチャールズ・ディケンズ博物館があります。ここでは、世界を代表するストーリーテラーが暮らしたヴィクトリア様式の住居を見学できます。ロンドンパスで入場無料です。

ページのトップへ



アクセス

地下鉄
・ラッセル・スクエア駅(Russel Square):ピカデリー線
・キングス・クロス・セント・パンクラス駅(King's Cross St Pancras):ノーザン線、ピカデリー線、ヴィクトリア線、ハマースミス&シティー線、メトロポリタン線
・ユーストン・スクエア駅(Euston Square):サークル線、ハマースミス&シティー線、メトロポリタン線

電車
・キングス・クロス・セント・パンクラス国際駅(King's Cross & St Pancras International)
・ロンドン・ユーストン駅(London Euston)

バス
7、59、68、91、98、168、188

 

全アトラクションの一覧はこちらです

詳しくはこちら

Getting to 孤児院博物館(The Foundling Museum)

Getting to 孤児院博物館(The Foundling Museum)

  • 孤児院博物館(The Foundling Museum) 40 Brunswick Square London WC1N 1AZ

Opening Times

Monday 閉館
Tuesday 10:00 - 17:00
Wednesday 10:00 - 17:00
Thursday 10:00 - 17:00
Friday 10:00 - 17:00
Saturday 10:00 - 17:00
Sunday 10:00 - 17:00

Attractions Nearby

  • カートゥーン博物館

    カートゥーン博物館パスに含まれているもの - 通常 £9

    View attraction
  • チャールズ・ディケンズ博物館

    チャールズ・ディケンズ博物館パスに含まれているもの - 通常 £10

    View attraction
  • ポロック玩具博物館

    ポロック玩具博物館パスに含まれているもの - 通常 £6

    View attraction
  • ロンドン動物園(London Zoo)

    ロンドン動物園(London Zoo)パスに含まれているもの - 通常 £23

    View attraction

当社をご利用いただく300万人のお客様の一部からの言葉はこちらです。