セント・ポール大聖堂

セント・ポール大聖堂はロンドンで最も有名な建物のひとつです。  ロンドン大火の後、クリストファー・レン卿が設計し、奉献以来、数多くの国家イベントの中心地となってきました。

The London Pass ロンドンパスのメリット:入場料が含まれています(セント・ポール大聖堂) 通常 £20.00 - ロンドンパスに含まれるもの

王室の結婚式から国葬、有名人の埋葬など、セント・ポール大聖堂はロンドンの歴史の中で重要な役割を果たしてきました。 

セント・ポール聖堂はテムズ川の近くにあり、首都ロンドンの最も伝統的な建物のひとつです。1666年のロンドン大火の後、大規模な首都再建の一環として、有名なイギリスの建築家、クリストファー・レン卿が設計。現在のセント・ポール大聖堂は1675年から1710年の間に建造され、ロンドンの最も人気の高い観光名所となっています。

セント・ポール大聖堂はロンドン市の最高地点に位置し、奉献以来、歴史を通じてしばしば国家イベントの中心地となってきましたが、大空襲を免れ、国葬、王室の結婚式、その他の重要なイベントが行われています。中に足を踏み入れると、大聖堂の壮観な内装、建築デザイン、息を呑むようなロンドンの全景が楽しめます。 

ロンドンパスを持っていれば、セント・ポール大聖堂に優先入場ができ、土産店では£5以上のお買い物に対して10%の割引が受けられます。 

最新の閉館情報と開館時間については閉館情報と通知のページをご確認ください。

ハイライト

会衆席
大聖堂の会衆席からは、ドームへと続く驚くほど美しい大聖堂の全貌を眺めることができます。イギリスの最も偉大な歴史的人物であるウェリントン侯爵の記念碑も観ることができます。1912年に完成した記念碑には、侯爵が馬の背に乗った姿が描かれ、大聖堂の中で最も大きな記念碑となっています。 

ドーム
バチカン市国の聖ペトロ大聖堂の影響を受けて、セント・ポール大聖堂のドームは世界で2番目に大きな大聖堂ドームとなっています。ジェームズ・ソーンヒル卿によって塗装が施された内装は、聖パウロの生涯の8つのシーンを表しており、はっとするほど美しい作品です。ドームの外側では、階段を376段昇るとストーンギャラリーに、152段昇るとゴールデンギャラリーに行くことができます。  これらのギャラリーでは写真を自由に撮ることができます。

ウィスパリングギャラリー (ウィスパリングギャラリーは2019年12月まで閉鎖されます)
その音響特性で最もよく知られた大聖堂の特徴のひとつ、ウィスパリングギャラリーは、大聖堂の床から30メートル上の巨大なドームの内側でサークルを描いています。壁に向かって囁くと、ギャラリーの他の地点の壁に誰かが耳をつけていたら、たとえ正反対の位置にいてもその声が聞こえます。 

主祭壇
大理石および彫刻と金箔を施したオーク材で作られた現在の祭壇は、第二次世界大戦中の空爆によりビクトリア朝の大理石の祭壇が損壊し、大聖堂の東側の大部分が破壊されたため、代わりに設置されました。

グランドオルガン
1695年に建造・設置されたグランドオルガンは、数世紀を経て何度か修復されていますが、大聖堂の中で最も偉大な芸術作品のひとつです。オルガンには7,189本のパイプ、5個の鍵盤、138個のオルガンストップがあります。 

クリプト
建物全体の長さを拡張したセント・ポールの地下聖堂には、200点以上の記念碑と記念物があります。最高司令官ネルソン閣下や、アーサー・ウェルズリー・ウェリントン公爵、科学者のアレキサンダー・フレミング、セント・ポール大聖堂の建築家クリストファー・レン卿などが眠る地を見学しましょう。

円窓:セント・ポール大聖堂への眼
クリプトの以前の宝物庫にあった270°の映画体験で過去の時代に遡り、大聖堂の1400年の歴史が甦り、現実のものとなるのを眺めましょう。以下の3つの映画でセント・ポール大聖堂の歴史を知り、大聖堂の日常生活について学びましょう。   『大聖堂での生活』、『我蘇らん-もう一度』、『バーチャルアクセス:ドーム』

「The Great Restoration of the 1920s (1920年代の大規模修復展)」が2019年5月25日に新たにオープンいたします。
1924年のクリスマスイブに危険な構造との告知を受けたセント・ポール大聖堂は安全性の観点から後に閉鎖されました。大聖堂内のコレクションに保存されていた材料とオブジェクトを利用し、地下聖堂の新たなデザインが考案されましたが、この事実はあまり知られておりません。
この展示は元々のデザインが抱えていた問題から建物の安全性を再び確かなものとする創意工夫に富む技術努力を明らかにしてくれます。
これはこの大聖堂の歴史における素晴らしいの功績の一環を公開する展示であり、地下聖堂の北側通路に位置しています。パスをお持ちの方であればどなたでも無料でご覧いただけます。

以下の事実をご存知でしたか

  • 現在のセント・ポール大聖堂はこの場所に建てられた4つ目のものです。聖パウロに奉献されたロンドン市内の最初の大聖堂は木造で、604年に建築されました。
  • 高さは365フィート(111メートル)あり、1710年から1962年までロンドンで最も高い建物でした。
  • セント・ポール大聖堂では最高司令官ネルソン閣下、ウェリントン公爵、ウィンストン・チャーチル卿、マーガレット・サッチャー首相などの葬儀が執り行われました。
  • チャールズ王子とダイアナ・スペンサー妃の結婚式は1981年7月29日にセント・ポール大聖堂で行われました。
  • セント・ポール大聖堂はターナー、ピサロ、カナレット、ドービニーなどの有名な芸術家の作品で何度も取り上げられています。またメアリーポピンズ、ハリーポッター、アズカバンの囚人、アラビアのローレンス、シャーロックホームズなどの映画にも登場します。
  • マーティン・ルーサー・キング牧師は1964年にセント・ポール大聖堂を訪れ、4,000人の会衆の前で『3次元の完璧な生活』という説教をしています。

ご注意ください:観光客はセント・ポール大聖堂の中に、航空会社の定めた手荷物(56cm x 45 cm x 25cm、持ち手、車輪、ポケットを含む)以上のサイズのバッグ、リュックサック、スーツケースなどを持ち込むことはできません。手荷物の一時預かり所はないため、大きな手荷物はお持ちにならないようお願いいたします。バッグは入場時に調べられる場合があることにご注意ください。

アクセス 

地下鉄

  • セントポールズ駅 - セントラル線
  • マンションハウス駅 - ディストリクト線、サークル線
  • ブラックフライアーズ駅 - ディストリクト線、サークル線
  • バンク駅 - セントラル線、ノーザン線、ウォータールー線、シティ線、DLR

電車

  • シティ・テムズリンク駅
  • ブラックフライアーズ駅
  • キャンノンストリート駅
  • リバプールストリート駅

バス

4、8、11、15、17、23、25、26、56、76、100、172、242、521

以下をご覧ください:
観光名所の全リスト

詳しくはこちら

Getting to セント・ポール大聖堂

Getting to セント・ポール大聖堂

  • セント・ポール大聖堂 St Paul's Churchyard London EC4M 8AD
  • Closest Underground Station St Paul's
  • Closest Bus Stop Stop SK: Route 4 11 15 17 26 76 N11 N15 N21 N26 N199 N550 N551
  • Hop-On Hop-Off Bus Tour Stops Red Route - Stop 15

さらに20%割引。期間限定。 (迅速にご購入! 販売終了 13 November)今買う

Opening Times

Once inside, the Dome Galleries are open 09.30 – 16.15. From 2nd to 31st August, closing time is 17.30.
Monday 08.30 - 16.30
Tuesday 08.30 - 16.30
Wednesday 08.30 - 16.30
Thursday 08.30 - 16.30
Friday 08.30 - 16.30
Saturday 08.30 - 16.30
Sunday No Sightseeing - Open for Worship Only
Last Admission: 16.00

Attractions Nearby

  • シェークスピアのグローブシアターツアー

    シェークスピアのグローブシアターツアーパスに含まれているもの - 通常 £17

    View attraction
  • ロンドン塔

    ロンドン塔パスに含まれているもの - 通常 £28

    View attraction

当社をご利用いただく300万人のお客様の一部からの言葉はこちらです。