郵便博物館

The London Pass ロンドンパスのメリット郵便博物館へのアクセス 通常 £17.05 - ロンドンパスに含まれるもの

王室の古い書簡から、ロンドン郵便局鉄道や大列車強盗まで、郵便博物館で500年間の様々なコミュニケーションの形を探検してください。

数々の賞を受賞した郵便博物館で、英国を代表する特徴をもった組織について学びましょう。五輪自転車からフリントロック・ピストルまで、ここで探索することはたくさんあります。博物館は2017年にオープンし、ヘンリー8世の時代にまでさかのぼる郵便サービスの発展の記録を見ることができます。

1800年台に国中を轟音を上げて走り回り郵便物の輸送に使用されていた歴史的な郵便馬車や、世界最初の切手として有名なペニー・ブラックの現存する数少ないシートを間近で見ることができます。100年前に使われていたロンドン郵便局鉄道のミニトンネルのライドは、知る人ぞ知るロンドンの隠れた宝石のような素敵な体験になるでしょう。

美術館には、年間を通じて開催される展覧会、ウォーキングツアー、いろいろな年齢の人が楽しめるイベントが通年催され、楽しみがいっぱいです。美術館を探索した後は、カフェで軽食をとったり、ギフトショップでお土産を買うことができます。

注意:繁忙期には、博物館への入場は空き状況によります。

到着時に追加料金でダウンロード可能な音声ガイドを利用できます。英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語で利用可能 独。

 

ハイライト

ロンドン郵便局鉄道
ロイヤルメールのマウントプレザント区分所の下に向かって進み、100年の歴史がある郵便鉄道のライドに飛び乗り、トンネルを通って行きます。当時とほとんど変わっていないプラットフォームを見て、郵便物が問題なく配達されることに心を砕いていた人々について楽しく学んでください。

郵便博物館の展示
有名なペニー・ブラックを見たり、郵便物の輸送に使用されてきた歴史的な乗り物に近づいたり、空気圧の配送で友人や見知らぬ人に秘密のメッセージを送ったり、様々な体験をしてください。

 

このような事をご存知でしたか?

ロンドン郵便局鉄道は、1日22時間走っていたそうです。
博物館には6万もの所蔵物があるそうです。
18689月が最初になるのですが、げっ歯類の動物を捕まえるために、正式に猫が郵便局によって6ヶ月の試用期間を経て雇用されました。週給は1シリングだったそうです。
196388日、グラスゴー中央駅からロンドン・ユーストン駅へ向かう途中の巡回郵便局(TPO)から、260万ポンド弱が盗まれました。この事件は、今では有名な「大列車強盗」事件として知られるようになりました。

詳しくはこちら

Getting to 郵便博物館

Getting to 郵便博物館

  • 郵便博物館 15-20 Phoenix Place London WC1X 0DA
  • Closest Underground Station Chancery Lane, Farringdon, Kings Cross St Pancras, Russell Square
  • Closest Bus Stop Routes 17, 19, 38, 45, 46, 55, 63, 341

さらに20%割引。期間限定。 (迅速にご購入! 販売終了 13 November)今買う

Opening Times

Monday 10.00 - 17.00
Tuesday 10.00 - 17.00
Wednesday 10.00 - 17.00
Thursday 10.00 - 17.00
Friday 10.00 - 17.00
Saturday 10.00 - 17.00
Sunday 10.00 - 17.00

Attractions Nearby

  • チャールズ・ディケンズ博物館

    チャールズ・ディケンズ博物館パスに含まれているもの - 通常 £10

    View attraction
  • 孤児院博物館(The Foundling Museum)

    孤児院博物館(The Foundling Museum)パスに含まれているもの - 通常 £12

    View attraction

当社をご利用いただく300万人のお客様の一部からの言葉はこちらです。