イギリス国立肖像画美術館

肖像画に特化した世界初の美術館、ロンドン国立肖像画美術館は、歴史上の重要人物の肖像画を展示しています。

The London Pass ロンドンパスの特典: 有料の展示に入場無料、または £5相当のオーディオブックをプレゼント 特設展示の鑑賞料金は £5.00 から £17.00です。

国立肖像画美術館には1万1千枚以上の肖像画があります。世界初の肖像画に特化した美術館で、ロンドンでも最も有名な美術館の一つです。

国立肖像画美術館にお越しください―ロンドンパス®を提示すれば、開催中の特設展示に入場するか、または、音声ガイドが無料でご利用いただけます。

- 入り口で入場料を支払う必要はありません―パスを見せるだけです。

- 11,000点以上にのぼる、イギリスの極めて重要な人物の肖像画をご鑑賞ください。 - 

-ツアーでは、数多くの彫刻、メダル、コイン、デスマスク、ろう製胸像、陶像、張り子モデル、版画、剥製、映画などで一杯になった、各展示階を巡ります。

- このパスで、一般入場に含まれる、展示エリア、ツアー、レクチャーなどをご利用いただけます。 

国立肖像画美術館の歴史

国立肖像画美術館は、肖像画だけを展示する世界初の美術館として歴史に名を残しました。ここには、世界で最も広範囲に及ぶ肖像画コレクションがあります。中世から現代に至るまで、イギリスの歴史を作ってきた人物たちの肖像画が並びます。偉大な足跡を残す美術館ですが、その始まりは質素なものでした。そして、この美術館の歴史も、展示作品と同じくらい多くの謎に包まれています。

1846年、フィリップ・ヘンリー・スタンホープ(第4代スタンホープ伯爵)が、肖像画だけの美術館という発想を思い付き、イギリス貴族院に提案しましたが、否決されました。トーマス・バビントン・マッコリーとトーマス・カーライルはスタンホープを支持しました。現在でも、彼らの像は、美術館入口上部に飾られています。スタンホープは1852年、再び政府に提案しました。彼は、美術館は「軍人や政治家、または芸術、文学、科学の分野で、イギリス史上最も尊敬される人物」に焦点を当てるべきと主張しました。残念ながら、またうまくいきませんでした。

その後、スタンホープはヴィクトリア女王の支持を獲得し、1856年、ついにその使命を完了しました。イギリス下院は「イギリス歴史肖像画美術館」、現在の国立肖像画美術館の資金とするために、彼に合計2,000ポンドを与えました。国立美術館の前管理者エルスミア卿は、シェイクスピアのシャンドスの肖像を寄付しました。これが、この美術館のコレクションに加わった最初の作品となりました。

国立肖像画美術館は1859年に初めて一般公開されました。それから13年間は、ウェストミンスター・グレイト・ジョージ・ストリート29番地にあるジョージ・シャーフの私宅にありました。その後、現在の場所に移動しました。最初は、たった42枚の肖像画しか収蔵していませんでした。現在では、ロンドンのギャラリーで1万1千点以上の作品を鑑賞することができます。ヘンリー7世、フローレンス・ナイトインゲイル、ビートルズ、現女王エリザベス2世の肖像画も展示されています。

「ハイド・ア・シークレット」コレクションをご堪能ください。このコレクションは、研究者が明らかにした、秘密の修正が入った絵画を集めています。例えば、有名なエリザベス1世の肖像画の羽根は、後に蛇であったことが分かりました。また、ウィリアム・ホガースの自画像をX線で調べたところ、絵の中にパグ犬が隠されているのが見つかりました。

国立肖像画美術館の壁を飾るのは、絵画だけではありません。違う形式の芸術品も収集してきました。数多くの彫刻、メダル、コイン、デスマスク、ろう製胸像、陶像、張り子モデル、版画、剥製、さらに、現在では映画もご鑑賞いただけます。特に注目を集める作品もあります。マーク・クインのセルフポートレイト「セルフ」という作品で、自ら血液を4.5リットル流し込んだ自己像です。クインは、自分のアートを「生命維持における冷凍の瞬間」と描写しています。この作品は冷却器の中に保存されており、鑑賞者に命のはかなさを連想させます。

ロンドン国立肖像画美術館は無料開放されていますが、ロンドンパスがあれば、特設展示も追加料金なしで鑑賞することができます。特設展示がないときは、料金3ポンドの音声ガイドを無料でご利用いただけます。

国立肖像画美術館の見どころ

  • 1万1千点以上にのぼる幅広い肖像画コレクションをご鑑賞ください。
  • 国際的に活躍する数々の現代アート作家の作品をお楽しみください。
  • 彫刻、メダル、コイン、デスマスク、ろう製胸像、陶像、張り子モデル、版画、剥製、映画など、様々な形態のアートをお楽しみください。
  • 一年を通して開催される無料のワークショップに参加できます。事前予約が必要です。
  • 毎週金曜日は営業時間を延長します。ライブ演奏や、飛び入り参加の絵画教室、写生セッション、また様々なトークショーや映画上映会をお楽しみください。

国立肖像画美術館豆知識

  • オレンジ・ストリートの地下には秘密のトンネルがあり、一般公開されている美術館の建物と職員用オフィスを結んでいます。
  • 現在の国立肖像画美術館のオフィスは、昔はナイトクラブとして使用されていました。ここで、オードリー・ヘップバーンがショーをしたこともあります。
  • 1909年には図書館で、ある男が妻を銃殺し、その後自殺しました。それ以降、その場所はオフィスになりました。
  • 1941年11月、2つの爆弾が美術館に落下しました。1つは階段室を破壊し、もう一つは館長らの就寝エリア近くの中庭に落ちました。幸運にも死亡者はいませんでした。
  • オレンジ・ストリートにあるオフィスの屋根には4つの養蜂箱があり、美術館スタッフが世話をしています。そこで採れたハチミツは美術館のショップで販売されています。

開催中の展示

シンディ・シャーマン
2019年9月15日まで

自画像アーティスト、シンディ・シャーマンの作品をご堪能ください。シャーマンは、現代アートにおいて最も影響力のある肖像写真家です。新しいコレクションには、1970年代半ばから現在までの150作品が集められています。これらの作品は、国際的な公的コレクションあるいは私的コレクションから収集されたものです。それに加え、一般向け美術館では一度も展示されたことのない新作品もあります。

BPポートレート・アワード2019
2019年10月20日まで

BPポートレート・アワードは、世界で最も権威のある肖像画コンテストです。BPポートレート・アワードには、現代肖像絵画における最高作品を決めるコンテストで、賞金総額は74,000ポンドに上ります。これまでに、100か国以上から4万点以上の応募がありました。国立肖像画美術館で行われる授賞式は、今年で40周年を迎えます。BPポートレート・アワードに是非お越しいただき、素晴らしい才能のアーティストたちの作品を鑑賞し、ご自身の肖像画製作の腕も磨いてください。

旅行前に知っておくべきこと

  • 様々な家族向け教育アクティビティがあります。12歳未満のお子様は、特設展示への入場が無料になります。
  • 館内をスムーズにご移動いただけるよう、クリック表示できるフロアマップが設置されています。ご来館の前に、美術館のウェブサイトから持ち運びに便利なpdf版もダウンロードできます。
  • この美術館では、様々なワークショップや講義、「フライデー・レイト」など夜のイベントも開催されます。最新スケジュールや空き状況の詳細は当美術館のウェブサイトでご確認ください。

入場方法

チケットと無料のオーディオガイドと交換するためには、パスをご提示ください。

国立肖像画美術館は毎日午前10時に開館します。最終入場時間および閉園予定日の詳細については、こちらをクリックしてください。

ロンドンパス®を最大限に活用する

ロンドン中心部のトラファルガースクエアに隣接する肖像画美術館は、ザ・モールやセント・ジェームズ・パークなどロンドンの主要な観光名所のすぐ近くにあります。コベン・トガーデン内のマックスウェル・レストランやポーターズ・イングリッシュ・レストランなど周辺のレストランでは、ロンドンパス®をお持ちの方に割引きや特別サービスをご提供するところもあります。

アートがお好きな方は、ぜひ国立肖像画美術館にお越しください。トラファルガースクエアから目と鼻の先にあります。ロンドンパス®をお持ちの方は、オーディオブックが無料でご利用いただけます。世界有数のアートコレクションをご堪能ください。

アクセス方法

地下鉄

チャーリング・クロス駅-ベイカールー線、ノーザン線
レスター・スクエア駅 - ノーザン線、ピカデリー線
ピカデリー・サーカス駅-ベイカールー線、ピカデリー線
エンバンクメント駅-ベイカールー線、ノーザン線

鉄道

チャーリング・クロス駅

バス

トラファルガー・スクエアバス停C、またはチャーリング・クロス・ロードバス停Cから24、29、176

 

詳しくはこちら

Getting to イギリス国立肖像画美術館

Getting to イギリス国立肖像画美術館

  • イギリス国立肖像画美術館 St Martin's Place London WC2H 0HE

Opening Times

Monday 10.00 - 18.00
Tuesday 10.00 - 18.00
Wednesday 10.00 - 18.00
Thursday 10.00 - 18.00
Friday 10.00 - 21.00
Saturday 10.00 - 18.00
Sunday 10.00 - 18.00
Last Admission: 閉館の1時間前

Attractions Nearby

  • チャーチル博物館・内閣戦時執務室

    チャーチル博物館・内閣戦時執務室パスに含まれているもの - 通常 £23

    View attraction
  • テムズ川ボート・クルーズ

    テムズ川ボート・クルーズパスに含まれているもの - 通常 £21

    View attraction
  • 近衛騎兵隊博物館

    近衛騎兵隊博物館パスに含まれているもの - 通常 £9

    View attraction

当社をご利用いただく300万人のお客様の一部からの言葉はこちらです。