ブランド・パッケージ・広告博物館

この博物館には、家庭用ブランド、世界的なブランド、玩具、お菓子、ファッション、ポスター、雑誌など12,000点を超えるオリジナル・アイテムが展示されています。

The London Pass ロンドンパスのメリット:入場料が含まれています(ブランド・パッケージ・広告博物館) 通常 £9.00 - ロンドンパスに含まれるもの

ブランド・パッケージ・広告博物館には、12,000点以上のブランド・パッケージと広告のオリジナルアイテムが展示されていますから、ビクトリア時代からのブランド、製品、マーケティングの発展の歴史を見ることができます。常設展示と企画展示の両方で、ブランドが世界をどのように変えたか、そして世界がどのようにブランドを変えたかを示しています。

ロンドンパス®で、ブランド・パッケージ・広告博物館をお楽しみください

- -入口で入館料を支払う必要はありません―ロンドンパスをお見せください。
- 12,000点のオリジナルのブランド・パッケージと広告をご覧ください。
- ブランドの歴史、ブランドが技術の進歩とともにどのように発展し、社会の変化にどのように対応し、世界の見方や体験にどのような影響を与えたかについて学びましょう。
- ブランド・パッケージ・広告博物館の企画展示のいずれかをご覧ください。過ぎ去った時代の子ども用玩具から、環境問題への対応が進んだ世界における包装の未来まで、さまざまなテーマを扱っています。

ブランド・パッケージ・広告博物館の歴史

ブランド・パッケージ・広告博物館の物語は、「消費者歴史家」または「スーパーマーケットの考古学者」と称賛されているロバート・オピーから始まります。オピーは、1963年にインバネスの自動販売機で購入したスナックの紙容器から、消耗品のパッケージを収集し始めました。彼は、製品、パッケージ、広告を使い捨てる性質が、ブランドの歴史に影響を与えれいることに気がつきました。

オピーは、1975年までにはヴィクトリア&アルバート博物館で「ザ・パッケージ」と呼ばれる展示を開催するほど、膨大なコレクションを収集していました。展示物には、第一次世界大戦のオキソ・キューブから、1970年代のチョッパー・バイクまで含まれていました。ヴィクトリア&アルバート博物館での展示に成功した後、オピーは、グロスターにブランド・パッケージ・広告博物館を開設しました。この博物館は、1984年から2001年まで開館していました。彼は1999年には、ウィガン・ピアに姉妹博物館「オピーの記憶博物館(Opie’s Museum of Memories)」を開館しました。2005年、オピーのコレクションはノッティング・ヒルに移転しました。博物館のコレクションと範囲が拡大したため、ノッティング・ヒルのランカスター・ロードに新たに大きな家を見つけたのです。2015年にオープンした、ブランド・パッケージ・広告博物館には、毎年約40,000人の見学者が足を運んでいます。

ブランド・パッケージ・広告博物館のハイライト

  • この博物館では、郷愁の旅を提供していますが、特に常時展示「タイム・トンネル」は必見と言えるでしょう。お気に入りブランドの発展を示す長期間にわたる年表を見れば、子どもの頃に戻ったり、前世代の子ども時代を想像したり、各時代の相違点や類似点に思いを巡らせたりすることができます。
  • 企画展示も是非、見学してください。
  • 博物館のギフトショップで、レトロなブランドの広告や身の回りの品を購入するのはいかがですか。ギフトショップは、たくさんのお土産や贈り物のアイデアでいっぱいです。

ブランド・パッケージ・広告博物館の豆知識

  • ユビキタス・ソーシャル・メディア・ブランドであるFacebookは、創業者のマーク・ザッカーバーグに赤と緑の色覚異常があるため、主に青と白が使われています。
  • ブランド・パッケージ・広告博物館の創設者であるロバート・オピーは、500,000点を超えるオリジナル・パッケージと広告のコレクションを所蔵していますが、そのうち12,000点が博物館に展示されています。
  • ランボルギーニは、もともとはトラクターのメーカーでした。ですから、「ランボルギーニ」を所有していることを自慢する人がいたら、彼らは耕作目的のためにそれを購入した可能性があるのです。

お見逃しなく

タイムトンネル

ブランド・パッケージ・広告博物館の「タイムトンネル」は、ビクトリア朝時代以降のブランドパッケージと広告の発展を示す常設展示です。「タイム・トンネル」では、お気に入りのブランドがどのように歴史的変化に対応してきたかを表しています。世界の出来事、社会的闘争、新しい技術、流行、個性、そして競争は、すべてのブランドに変化を促してきたのです。幅広い社会機構一部として、ブランドを捉えるこの展示では、社会における劇的な変化を明らかにするとともに、娯楽や快適さ、気晴らし、喜びを求めるという点においては、私たちも前世代の人々も、全く同じだということを明確に示しています。

特別イベント

ブランド・パッケージ・広告博物館では、年間を通じてさまざまな学習コース、アクティビティ、ワークショップを開催しています。特別イベントには、数週間にわたるビジネスコース、ネットワーキングイベント、専門家主導のディスカッショングループとパネル、特別な企画展示が含まれます。一般入場券の価格に含まれている企画展示については、ロンドンパスでご入場いただけます。別チケットを必要とする特定のコースや講演については、ロンドンパスではご入場できません。提供されている内容や予約の詳細については、アトラクションの公式ウェブサイトをご覧ください。

旅行前に知っておくべきこと

ブランド・パッケージ・広告博物館は、日曜日と祝日は、午前11時に開館し、午後5時に閉館します。それ以外の曜日は、午前10時に開館し、午後6時に閉館します。

入場方法

入場するには正面受付でパスをご提示ください。

ロンドンパス®を最大限に活用する

郷愁や回想の余韻にもう少し浸りたいなら、リトル・ベニスに向かい、ジェイソンのオリジナル運河ボート・トリップに参加して、改装されたナローボートに乗ってみるのはいかがでしょうか。リトル・べニスからカムデン(または、カムデンからリトル・ベニス)に向かう船の旅では、リージェント運河からの眺めを楽しむことができます。沿岸の観光名所について、その建築や歴史、文化をテーマにした解説を楽しむこともできます。ロンドンパス®には、ジェイソンのオリジナル運河ボート・トリップの片道ツアー料金が含まれています。

アクセス方法

地下鉄
- ラドブローク・グローブ駅 - サークル線、ハマースミス線、シティ線(アトラクションから徒歩2分)

バス
- 7番、23番、52番、70番、228番、452番のバスはすべて、ラドブローク・グローブに停車します。

詳しくはこちら

視察 ブランド・パッケージ・広告博物館

視察 ブランド・パッケージ・広告博物館

  • ブランド・パッケージ・広告博物館 111-117 Lancaster Road, W11 1QT

営業時間

Monday 10.00 - 18.00
Tuesday 10.00 - 18.00
Wednesday 10.00 - 18.00
Thursday 10.00 - 18.00
Friday 10.00 - 18.00
Saturday 10.00 - 18.00
Sunday 11.00 - 17.00
Last Admission: 17.15 / 16.15

アトラクションの周辺

  • ウェストフィールド・ ロンドン & ウェストフィールド・ストラットフォード・シティ

    ウェストフィールド・ ロンドン & ウェストフィールド・ストラットフォード・シティ

    View attraction
  • ケンジントン宮殿

    ケンジントン宮殿パスに含まれているもの - 通常 £17

    View attraction
  • ジェイソンのオリジナル運河ボート・トリップ

    ジェイソンのオリジナル運河ボート・トリップパスに含まれているもの - 通常 £12

    View attraction

当社をご利用いただく300万人のお客様の一部からの言葉はこちらです。