ジュエルタワー

ジュエルハウスの建物は中世から現在までほとんど変わっていません。中世に建てられたウェストミンスター宮殿で現存する2棟の建物のうちの1棟がジュエルタワーとして使われています。

The London Pass ロンドンパスのメリット:入場料が含まれています(ジュエルタワー) 通常 £6.50 - ロンドンパスに含まれるもの

国会議事堂とウェストミンスター寺院の近くにあるジュエルタワーは、エドワード3世が初めて作った中世の宝物庫です。有名なビッグベンの時計塔など、ロンドンで最も人気のある観光地から数分のところにあるこの歴史的な建物を見学しましょう。

ロンドンパス®を使ってジュエルタワーを見学しましょう

  • 入口で入場料を支払う必要はありません。ロンドンパスをお見せください。
  • サクソン人の時代にさかのぼる剣など、歴史的な工芸品コレクションを見学しましょう。
  • 14世紀と15世紀の生きた記念碑である、現存する数少ない中世の建物を直接探索しましょう。
  • 国会議事堂で着用する式服からサクソン人時代の武器まで、広範囲の工芸品を鑑賞しましょう。

ジュエルタワーの歴史

ジュエルタワーは、イギリス君主制の歴史において重要な価値があります。ジュエルタワーの建物は14世紀から現在までほとんど変わっていません。中世に建てられたウェストミンスター宮殿に現存する2棟の建物のうちの1棟です。その歴史は650年以上にわたり、この間、イギリス政府に関連する3つの重要な役割を果たしてきました。

ジュエルタワーは、1365年から1366年にかけて、国王が住んでいたウェストミンスター宮殿の南端に建てられました。イギリスの国王は、11世紀から16世紀までは、ウェストミンスター宮殿に住んでいました。タワーは最初、貴重な物品、特に銀食器の保管に使用されました。やがて、「王の私的ワードロ-ブ(Kings Privy Wardrobe)」と非公式に呼ばれるようになりました。そのため、塔は厳重に監視され、南と西に堀がありました。

1512年、国王の公邸の一部が大火により焼失したため、ウェストミンスター宮殿は王宮としては使用できなくなりました。1529年までに、ヘンリー8世は近くのホワイトホール宮殿を獲得しました。ヘンリー8世の好みに合わせた改修が始まると、ホワイトホール宮殿が正式に王宮となりました。これにより、ジュエルタワーの実質的な価値は低くなりました。1547年までに、ジュエルタワーには、衣類、テーブル、ベッドリネン、家具、ゲームテーブル、さらには王の娘メアリーとエリザベスが使用するおもちゃの人形など、目立たない個人的な品目が収蔵されるようになりました。

その後300年にわたって、タワーの機能は定期的に低くなり、やがて、破損状態に陥りました。1869年、ジュエルタワーは、「度量衡」と呼ばれる貿易基準局の試験施設になり、重量、容積、寸法など、さまざまな歴史的な基準器を収容するようになりました。時間の経過とともに建物の劣化が進むと、この目的にも適合しなくなりました。1938年までに、貿易基準局はタワーから完全に撤退しました。

しかし、この素晴らしい歴史的建造物が今日でも残っていることは注目に値します。第二次世界大戦の爆撃とウェストミンスター宮殿の改修により、中世初期の建物のほとんどは取り壊されていました。

1834年の火災から生き残った数少ない建物の1つであるジュエルタワーを見学しましょう。また、セント・メアリー・アンダークロフトの礼拝堂や、セント・ステファンズ・クロイスターにも足を運びましょう。

ジュエルタワーは、ロンドンの考古学的発掘作業で見つかった収集物を展示していましたが、ジュエルタワー自体も、14世紀と18世紀の記念碑として歴史的価値があります。2013年には、新しい展示品が並べられました。これにより、ジュエルタワーも進化していることが示されました。敷地内のカフェで温かい飲み物や食べ物を購入して、ピクニックエリアに座り、国会議事堂やウェストミンスター寺院の景色を眺めるのも良いでしょう。

ジュエルタワーのハイライト

1834年の火災を生き延びた数少ない建物の1つを見学しましょう。 ジュエルタワーは中世建築の記念碑であり、その構造は何世紀にもわたり、変更されていません。

ジュエルタワーで、さまざまな統治者のもとにあったイギリスの歴史を振り返りましょう。サクソン人の時代の剣から中世のさまざまな工芸品まで見学しましょう。

ジュエルタワーの豆知識

ジュエルタワーは、中世屈指の建築家によって設計され、主にケント地方のラグ石で建築されています。また、火災と泥棒から保護するため、タワーは堀と中世の岩壁に囲まれていました。堀と岩壁の残骸は、今日でも見ることができます。

ジュエルタワーは当初、国王の最も貴重な宝物を保管する王室の私的納戸でしたが、建物の荒廃により、これらの貴重な所有物はウェストミンスター宮殿の別の場所に保管されることになりました。ロンドン塔にある主要な私的納戸は、フランスとの戦争中には軍事用品と備品が保管されていました。

エドワード3世が、1365年から1366年の間にジュエルタワーを建てる際、の端にあるウェストミンスター寺院の土地が割り当てられました。ここは、王室のプライベートガーデン「プリビーガーデン」の端に位置しました。

お見逃しなく

華やかな天井彫刻
ジュエルタワーは、歴史的な建築物として有名ですが、14世紀に遡る華やかな天井彫刻も有名です。

度量衡の歴史
度量衡の歴史を表す、魅力的なコレクションを間近で見学しましょう。過去8世紀にわたって使用されてきた基準器の動作範囲を調べてみましょう。

1階の展示:議会の過去と現在
この展示では、イギリス議会の歴史を紐解きます。影響力のあるリーダーから、裏方の役割、君主制に直接影響を与えた重要な出来事まで、イギリス議会の歴史について詳しく解説しています。

2階の展示場:
2階には、何世紀にもわたり、重要な役割を果たしてきたジュエルタワーの物語を伝えるユニークなパネルが展示されています。

さらに、スピーカーのローブ、アングロサクソン時代の剣、歴史的な度量衡、石の柱頭など、魅力的な工芸品も展示されています。

旅行前に知っておくべきこと

敷地内にトイレはありません。最寄りの公衆トイレは地下鉄ウェストミンスター駅にあり、1番出口と6番出口が便利です。

ジュエルタワーでは、犬の同伴は禁止されていますが、介助犬の同伴は可能です。

残念ながら、上層階には車椅子ではアクセスできません。約40段のらせん階段を上る必要があります。

入場方法

入口でロンドンパスをご提示ください。

ロンドンパスを最大限に活用

ジュエルタワーのギフトショップは、タワーの1階にあります。ポスター、バッグ、木製の武器、中世、王室、ロンドンをテーマにした商品などがありますから、イギリスのお土産やギフトにどうぞ。ジュエルタワーのギフトショップには、車椅子でアクセスできます。

ロンドンを訪れたなら、国会議事堂を見学しませんか。この地域に滞在中は、ウェリントン公爵のかつての住居であったアプスリー・ハウスまで散歩してみるのも良いでしょう。あるいは、ウェリントン・アーチには、ウォータールーの戦いなど、イギリスの歴史を解説した展示フロアがあります。こちらにも是非、足を運んでみてください。いずれのアトラクションも入場料はロンドンパス®に含まれています。

アクセス方法 地下鉄 - セントジェームスパーク駅 – サークル線、ディストリクト線 - ウェストミンスター駅 – ジュビリー線、サークル線、ディストリクト線 - ビクトリア駅 – ビクトリア線、サークル線、ディストリクト線 鉄道 - ビクトリア駅 - 目的地まで3分の4マイル(1,200メートル)。 - チャリングクロス駅 – 目的地まで3分の4マイル(1,200メートル)。 - ウォータルー駅 – 目的地まで1マイル(1,600メートル)。 バス - ジュエルタワーには、近くのバス停からアクセスできます。その他の公共交通機関およびアクセス情報については、アトラクションのウェブサイトをご覧ください

 

 

詳しくはこちら

Getting to ジュエルタワー

Getting to ジュエルタワー

  • ジュエルタワー Abingdon Street London SW1
  • Closest Bus Stop ビクトリア駅

Opening Times

4月~9月
Monday 10.00 - 18.00
Tuesday 10.00 - 18.00
Wednesday 10.00 - 18.00
Thursday 10.00 - 18.00
Friday 10.00 - 18.00
Saturday 10.00 - 18.00
Sunday 10.00 - 18.00
Last Admission: 閉館30分前

Attractions Nearby

  • ウェストミンスター寺院

    ウェストミンスター寺院パスに含まれているもの - 通常 £24

    View attraction
  • チャーチル博物館・内閣戦時執務室

    チャーチル博物館・内閣戦時執務室パスに含まれているもの - 通常 £23

    View attraction
  • テムズ川ボート・クルーズ

    テムズ川ボート・クルーズパスに含まれているもの - 通常 £21

    View attraction
  • 近衛騎兵隊博物館

    近衛騎兵隊博物館パスに含まれているもの - 通常 £9

    View attraction

当社をご利用いただく300万人のお客様の一部からの言葉はこちらです。