近衛騎兵隊博物館

The London Pass ロンドンパスのメリット:入場料が含まれています(近衛騎兵隊博物館) 通常 £9.00 - ロンドンパスに含まれるもの

近衛騎兵隊博物館に行くと、近衛騎兵のすぐ近くまで接近することができます。 

彼らの歴史を解き明かし、その現在の役割について理解を深めましょう。この博物館では、騎兵が18世紀そのままの厩舎と馬の世話をする様子を見学することができます。また、騎兵が個人的な体験や見学者との対話、貴重なアイテムを通じて、近衛騎兵の物語を説明してくれます。

ロンドンパスで近衛騎兵隊博物館をお楽しみください

  • 入口で入場料を支払う必要はありません―ロンドンパスをお見せください。
  • 厩舎で日々の任務を遂行する近衛騎兵を見学
  • 元/現役近衛騎兵から深みのある個人的証言を聞く - 近衛騎兵のコスプレ
  • 1時間ごとの歩兵交代、毎朝の騎兵交代、午後の視察を見学する

 

近衛騎兵隊博物館歴史

  • 近衛騎兵隊博物館は、ロンドン中心部にあるホワイトホールのホース・ガーズ内にあります。ホワイトホールは、ロンドンでも特に歴史ある建物の1つです。ここは、1750年から現在に至るまで近衛兵隊の本部として機能してきました。近衛騎兵隊は350年以上にわたり、ほとんど変わらない様式で、イギリス王室の衛兵交代儀式を行っています。
  • 近衛騎兵隊は1661年、チャールズ2世の命により結成されました。現在の近衛騎兵隊は、イギリス軍連隊序列第一位の2つの隊で構成されています。2つの隊とは、ライフ・ガーズとブルーズ・アンド・ロイヤルズです。
  • 2隊は合同で、2つの重要な任務を果たします。第一の任務は、騎乗連隊として、ロンドンおよびイギリスで行われる数々の儀式の際に女王陛下を護衛することです。王室式典で重要な役割を果たすその存在は、イギリスの誇らしい一面であり、観光客とイギリス人の両方を魅了します。第二の任務として、王立騎兵隊は世界中で実戦任務を果たしています。様々な装甲戦闘車両を配置したり、人道的作戦を実行したり、平和維持任務に参画したりしています。
  • 2007年に女王エリザベス2世により開館された近衛騎兵隊博物館では、ライフ・ガーズとブルーズ・アンド・ロイヤルズが行う儀式と職務の両方について、舞台裏というユニークな視点から深く掘り下げて解説しています。近衛騎兵隊博物館では、近衛騎兵隊の名誉ある歴史と日常の任務を、文字通りにも比喩的にも、見学者の皆様にお見せいたします。例えば、18世紀から現在まで使用している厩舎では、馬の世話をする騎兵の姿を大きなガラス張りの仕切り越しに見ることができます。また、多くの展示品は、紛争地や王室式典での近衛騎兵隊の歴史を紐解いています。
  • 近衛騎兵隊博物館は、実際の任務に使用されている生きた博物館です。見学者は、近衛騎兵隊が350年以上守り続けてきた場所で、忠実に任務を果たす姿を目にすることができるのです。近衛騎兵の儀式は、毎朝ここで行われます。また、午後には視察を行います。近衛騎兵隊博物館では、ホース・ガーズでの毎日の活動、対話型展示、訓練や責務に関する騎兵隊員からの個人的な証言をお楽しみいただけます。近衛騎兵の象徴であるユニフォームを試着するチャンスまであります。

 

ハイライト

  • 1時間ごとの歩兵交代、毎朝行われる騎兵交代、午後の視察を見学しましょう。
  • ガラス張りの仕切り越しに、18世紀から使用されている厩舎で馬の世話をする騎兵の姿を見学できます。
  • 騎兵の象徴であるチュニック、胴鎧、ヘルメットを着用して、騎兵になりきることもできます。
  • 8か国語で利用可能なマルチメディアガイド付きの、交流性に力を入れた豊富な展示をご覧ください。

 

近衛騎兵隊博物館豆知識

  • 乗馬した騎兵による午後の視察は、1894年に始まりました。ビクトリア女王が、騎兵たちが任務を遂行せずに、飲酒とギャンブルに興じているのを発見したからです。女王は罰を宣告しました:今後100年間、毎日午後4時に騎兵は視察を受けなければならないというものでした。1994年、王室からの罰は正式に失効しましたが、すでに伝統として確立していたため、エリザベス2世は毎日の視察を継続することを選択しました。
  • ホース・ガーズの時計は、ホワイトホールとホース・ガーズ・パレードに面しています。近衛騎兵隊博物館に立ち寄った際は、お見逃しなく。ビッグベンが完成するまで、この時計はウェストミンスター地区では最上位の公共時計とされていました。文字盤のIIのところにあるマークは、1649年にチャールズ1世が処刑された時刻を示していると考えられています。王はホース・ガーズの外で処刑されました。

 

お見逃しなく

近衛騎兵の交代式

交代儀式は毎日行われます。近衛騎兵連隊のメンバーは、ハイドパーク兵舎から馬で乗り付け、勤務中の騎兵と交代して、ホースガーズでの護衛任務に就きます。騎兵隊はハイドパーク・コーナーを通過して、コンスティテューション・ヒルとザ・モールに沿って進んでいくと、ホース・ガーズ・パレードに到着します。ホース・ガーズ・パレードは、近衛騎兵隊博物館のすぐ前の通りです。感動的な騎兵交代は、ここで行われます。

月曜日~土曜日:11:00

日曜日:10:00 また

1時間ごとに、ホース・ガーズの入り口を警備する歩兵2人の交代が行われます。さらに、毎日午後4時にホース・ガーズの前庭で公式視察が行われます。 今後のイベントの詳細については、近衛騎兵隊博物館のウェブサイトをご覧ください

旅行前に知っておくべきこと

5月中旬から6月中旬まで、近衛騎兵隊博物館は平日の午前中、女王陛下誕生日パレードの2週前からの土曜日の午前中、およびセキュリティ上の理由や運営上の理由から、直前の通知により閉鎖される場合があります。これは、女王陛下の誕生日パレード(6月の第2土曜日)の儀式リハーサルに、ホース・ガーズ・パレードが使用されるためです。 最新の情報については、近衛騎兵隊博物館(電話:: 020 7930 3070)までお問い合わせください。

ロンドンパスを最大限に活用

  • ロンドンパスで、この見応えある生きた博物館の入場料を節約しましょう。入場時には、無料のマルチメディア・ガイドをお受け取りください。8ヶ国語でのご利用が可能です:英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、中国語。
  • バンケティング・ハウス―ホワイトホール宮殿で現存する最後の建物―は、ホース・ガーズと近衛騎兵隊博物館の真向かいにあります。ロンドンパスでバンケティング・ハウスへの入場料が無料になります。近くには、チャーチル博物館・内閣戦時執務室もあります。
  • チャーチル博物館・内閣戦時執務室は、第二次世界大戦中は、指揮統制のための地下施設として使用され、現在は第二次世界大戦とウィンストン・チャーチルに特化した博物館として人気を博しています。ロンドンパスで、チャーチル博物館・内閣戦時執務室への入場料が無料になります。

 

入場方法

正面入口でパスをご提示ください。

アクセス方法

地下鉄

チャリング・クロス駅 - ベイカールー線、ノーザン線(目的地まで徒歩6分)

ウェストミンスター駅 - ジュビリー線、ディストリクト線、サークル線(徒歩6分)

エンバンクメント駅 - ベーカールー線、ノーザン線、ディストリクト線、サークル線(徒歩10分)

セント・ジェームズ・パーク駅 - ディストリクト線、サークル線(徒歩10分)

鉄道

チャリング・クロス駅 - アトラクションから徒歩6分

バス

11、12、159、24、3、453、53、87、88番は終日、アトラクション近くに停車します

営業時間の変更や休館日については休館予定をご確認ください

参考:
観光名所の全リスト

 

 

 

詳しくはこちら

視察 近衛騎兵隊博物館

視察 近衛騎兵隊博物館

  • 近衛騎兵隊博物館 Horse Guards Whitehall London SW1A 2AX

営業時間

4月 - 10月
Monday 10.00 - 18.00
Tuesday 10.00 - 18.00
Wednesday 10.00 - 18.00
Thursday 10.00 - 18.00
Friday 10.00 - 18.00
Saturday 10.00 - 18.00
Sunday 10.00 - 18.00
Last Admission: 17.15
11月 - 3月
Monday 10.00 - 17.00
Tuesday 10.00 - 17.00
Wednesday 10.00 - 17.00
Thursday 10.00 - 17.00
Friday 10.00 - 17.00
Saturday 10.00 - 17.00
Sunday 10.00 - 17.00
Last Admission: 16.15

アトラクションの周辺

  • ウェストミンスター寺院

    ウェストミンスター寺院パスなしの価格 £23 ニューヨークパスで無料

    View attraction
  • チャーチル博物館・内閣戦時執務室

    チャーチル博物館・内閣戦時執務室パスなしの価格 £23 ニューヨークパスで無料

    View attraction
  • テムズ川ボート・クルーズ

    テムズ川ボート・クルーズパスなしの価格 £21 ニューヨークパスで無料

    View attraction
  • バンケティング・ハウス

    バンケティング・ハウスパスなしの価格 £8 ニューヨークパスで無料

    View attraction
  • ベンジャミン・フランクリン・ハウス

    ベンジャミン・フランクリン・ハウスパスなしの価格 £8 ニューヨークパスで無料

    View attraction

当社をご利用いただく300万人のお客様の一部からの言葉はこちらです。