ロンドンの歴史的建築物と記念物

ロンドンの歴史的建造物

ロンドンの遺産と主要な歴史的建造物のご紹介

ロンドンの街の歴史はローマ時代にまでさかのぼりますので、歴史的観光名所に事欠くことはありません。ロンドンの重要な歴史的建造物であり、最も印象的でアイコニックな観光名所のひとつはロンドン塔(Tower of London)です。1066年のノルマン征服からの歴史をもつこの砦は、ロンドンで最も人気のある観光スポットです。王家の歴史から、悪名高い囚人や政治家にいたるまで、8 世紀以上にわたるロンドンの歴史の証人です。世界で最も古い展示、Line of Kings では歴代の支配者たちの鎧、王冠宝器や反逆者の門を見ることができます。伝説に由来があるカラスが中庭で跳ねるのを眺めたり、ジュエルタワー(Jewel Tower)に立ち寄ったり、ビーフィーターツアー(Beefeater Tour)でこの歴史的建造物に住んでいた者達の物語を聞いたりできます。

ロンドン塔のすぐ正面にはタワー ブリッジがあります (よくロンドン・ブリッジと間違えられます)。タワー ブリッジ(Tower Bridge)はロンドンの最も有名なランドマークのひとつであり、1894年以来テムズ川をまたがっています。このビクトリア朝様式の蒸気式跳ね橋は当時の産業工学の結晶です。今日では、橋の内部は公開されており見学することができます。上部の通路には新たにガラス廊下が設けられ、川を見下ろして、下を歩く歩行者を見ることができます。川上にも川下にも素晴らしい眺めを臨むこの橋は、ロンドンの過去と現在を知るのにぴったりの歴史的建造物です。

もうひとつの有名な歴史スポットはウエストミンスター寺院(Westminster Abbey)です。ユネスコ世界遺産に登録されたこの見事なゴシック式建築では 11 世紀より戴冠式が執り行われています。ウエストミンスター寺院はロンドン有数の美しさと荘厳さを誇る歴史建築であり、チャールズ・ダーウィンやジェフリー・チョーサーなど、イングランドの伝説的著述家、科学者、思想家の埋葬地でもあります。近年では、2011 年にウィリアム王子とキャサリン妃の婚礼が行われたことによりスポットライトを浴び、説教と崇拝のために毎日開放されています。

ロイヤルファミリーや君主政治の歴史のファンならロンドン内にある王宮のひとつを訪れる旅程は外せません。西ロンドンの美しいケンジントン宮殿(Kensington Palace)は、ビクトリア女王の幼少時代の住まいでした。後に故ダイアナ妃の家となり、今ではその長男、ケンブリッジ公ウィリアム王子がキャサリン妃と 2 人のご子息、ご息女と共に住んでいます。また、ケンジントン宮殿には素晴らしい展示がいくつもあり、大広間は公開されています。敷地内のオランジェリーでは伝統的なアフタヌーンティーを楽しむことができます。

ロンドン郊外のウィンザー城(Windsor Castle)は現役の城のうち世界で最も古く、最大のものです。女王のお気に入りの週末の住まいでもあります。小さなウィンザー自治区にあるこの田舎町は日帰り旅行にぴったりの場所です。衛兵交代、39 個の大広間、そして有名なドールハウスといった見どころをもつこの城は、地元民にとっても、旅行者にとってもイングランドで最も人気のある宮殿です。ハンプトンコート宮殿(Hampton Court Palace)もロンドンの外にある歴史的建築で、ここではヘンリー 8 世について、そしてそのチューダー王としての人生について学ぶことができます。歴史ある垣根の迷路、テニスコート、手入れの行き届いた庭、そしてチューダー様式のキッチンをお楽しみください。ツアーに参加して王宮の秘密やスキャンダルについて、そしてヘンリー 8 世の支配下で何が行われたかを知りましょう。

10日のパスで22%、6日のパスで17%、3日のパスで8%を節約する。注意:DiscountはTravel要素には適用されません。 (オファーの終了 Monday 22 April)今買う

当社をご利用いただく300万人のお客様の一部からの言葉はこちらです。