ヘンデル&ヘンドリックス・ロンドン

ヘンデル&ヘンドリックス・ロンドンは、ロンドンのウエスト・エンドにあり、音楽界の2人の伝説的人物をテーマにしています。

The London Pass ロンドンパスのメリット:入場料が含まれています(Handel & Hendrix) 通常 £10.00 - ロンドンパスに含まれるもの

ヘンデル&ヘンドリックス・ロンドンに足を運び、ジミ・ヘンドリックスとジョージ・フレデリック・ヘンデルの家を見学しましょう。ヘンデル&ヘンドリックス・ロンドンでは、バロック音楽の生演奏と当時の楽器を展示することで、バロック時代の音楽とヘンデルを解説します。また、人気の高いギタリスト、ジミ・ヘンドリックスの生涯と作品にも焦点を当てています。さらに、ヘンドリックスとヘンデルがブルック・ストリートに住居を構えたことによる強いつながりについて説明しています。

ロンドンパス®で、ヘンデル&ヘンドリックス・ロンドンを見学しましょう。

    • 入口で入場料を支払う必要はありません。パスを見せるだけです。
    • ヘンデルとジミ・ヘンドリックスの広範な作品について学び、彼らの作品のサンプルに耳を傾けましょう。
    • バロック時代のヘンデルの人生、ロンドンへの移住、晩年のキャリアの成功、彼の終の棲家となったブルック・ストリート25番地までの冒険に思いを馳せましょう。
    • ジミ・ヘンドリックスの魅力的な人生を振り返り、彼が音楽に与えた影響と、彼のロンドン最後の家となったブルック・ストリート23番地で過ごした人生について学びましょう。

バロック作曲家とロックとロールギタリストが同じ通りに住む、というシナリオなど、簡単には思い浮かびません。ヘンデル&ヘンドリックス・ロンドンは、まさに奇跡的な空間です。メイフェアには、バロック作曲家のジョージ・フレデリック・ヘンデルと伝説のギタリスト、ジミ・ヘンドリックスという、2人の伝説的音楽アーティストの住居があります。現在、ブルック・ストリート25番地は、ヘンデルが住んでいた当時と同じように、美しく修復されています。ヘンデル&ヘンドリックス・ロンドンは、ヘンデルの作品と時代の特徴を浮き彫りにする一方で、グルック・ストリート23番地に住んでいたジミ・ヘンドリックスの音楽と人生についても解説しています。

200年離れた2人の隣人は、それぞれの音楽分野で大きな貢献をしました。ドイツ生まれのヘンデルは、生涯において、42作のオペラ、29作のオラトリオ、120作を超えるソナタ、トリオとデュエット、多数のアリア、室内楽と教会向けの作品、オード、セレナータ、16作のオルガン協奏曲など幅広い楽曲を作成しました。

ヘンデルは1723年にロンドンに移住したことで、大きな成功を収めました。ロンドンが彼を愛したのと同じくらい、ヘンデルもロンドンを愛したと言われています。ヘンデルはロンドンで積極的に作曲を続け、1739年にクイーンズ・シアター向けの歌劇で、彼にとって初めての英語オペラとなる「エイシスとガラテア」を書きました。ヘンデルは1759年に亡くなるまで、メイフェアの邸宅で暮らしました。

それからおよそ200年後、ブルック・ストリートは、もう一人の天才、ジミ・ヘンドリックスを迎えました。ヘンドリックスは、メイフェアの邸宅を非常に気に入り、彼にとっては「最初の本当の家」だと話していました。今日、ブルック・ストリート23番地は、ベッド横のモダンなカバー、ベッドサイドテーブルに斜めに置いたホタテ貝殻の灰皿など、ヘンドリックスのファッションに細心の注意を払って復元されています。
しばしば最高のギタリストと称されるヘンドリックスは、「私はシュトラウスとワグナーを勉強した」と述べ、クラシック音楽への感謝を公言しました。バッハの作品は、ヘンドリックスにインスピレーションを与え、後のレコーディングではハープシコードを使用していました。また、アルバムではヘンデルの音楽も、いくつか取り上げています。

ヘンデル&ヘンドリックス・ロンドンは、2001年に開館しました。ヘンデル&ヘンドリックス・ロンドンは隣接する建物を取得し、ヘンドリックスの企画展示が成功すると、恒久的な博物館にすることを決定しました。今日、ヘンデル&ヘンドリックス・ロンドンは活気のある博物館となり、2人の天才音楽家の芸術と人生を紐解いています。また、近代化したバロック時代の楽器を使って、ライブ演奏も披露しています。

250年前の不安定な階段を上って、ジョージ・フレデリック・ヘンデルの音楽室にタイムトラベルしましょう。そこは、ヘンデルが作曲したり、バロック時代の著名な音楽家とリハーサルや演奏をしたりした場所です。音楽家が、ハープシコードを1日中練習していることもあります。近くを通るとき、美しい、雰囲気のある演奏を聞けるかもしれません。

3階に上れば、1960年代のロンドンにタイムスリップして、ヘンドリックスの全盛期を感じることができます。ここは、ヘンドリックスが暮らし、作曲した部屋です。ビートルズ、ラヴィ・シャンカー、ボブ・ディランなど、著名なミュージシャンとのコラボレーションを追体験しましょう。本物のバング・アンド・オルフセンのターンテーブルで、ヘンドリックスのレコード・コレクションを楽しみましょう。ヘンドリックスが壊れたワイングラスで手を切り、その血で染まったボブ・ディランの「ハイウェイ61」など、彼が愛した品々を鑑賞しましょう。ブルック・ストリート23番地は、ヘンドリックスが27歳での悲劇的な死を迎える前に、「本当の故郷」と呼んだ場所です。

 ヘンデル&ヘンドリックス・ロンドンのハイライト

      • ジョージ・フレデリック・ヘンデルとジミ・ヘンドリックスの2人の天才の人生と作品を紐解きましょう。
      • ヘンドリックスとヘンデルの終の棲家を探索しながら、彼らの身の回りの品々や復元された住居を見学しましょう。
      • 室内音楽家による生演奏を楽しみましょう。珍しい楽器で演奏されます。
      • 展示品を眺めながら、ヘンデルとヘンドリックスの作品を鑑賞しましょう。

ヘンデル&ヘンドリックス・ロンドンの豆知識

      • ヘンデルがかつて隣に住んでいたことを知って喜んでいたヘンドリックスは、ヘンデルの幽霊「寝巻き着て灰色のお下げ髪をした老人」が壁を抜けて歩いてきたと主張しました。
      • ヘンドリックスはギターを独学で学び、左利きでありながら、右利き用のギターを逆さまに演奏しました。彼は楽譜を読めなかったため、色を通して音楽に対する考えを伝えました。「人々は感情により異なる色を思いつきます。嫉妬は紫色です。僕の場合、紫色は怒りです。また、紫色や緑色は羨望を表している」と述べました。
      • 1966年から1970年にかけて、ヘンドリックスは600回を超える興行を行いました。そのほとんどはヘッドライン・フェスティバルでした。
      • ヘンデルは、おいしい食べ物とワインが好きな、背の高い恰幅のよい男性でした。彼は、その大きさ、態度、歩き方から「グレートベア」と呼ばれました。
      • 1737年、ヘンデルは脳卒中に見舞われ、その結果、利き腕である右腕が一時的に麻痺してしまいました。知力も衰え、演奏ができなくなりました。回復を早めるため、彼は6週間ドイツの温泉で湯治を行いました。彼の迅速な快復は、当時は奇跡と考えられました。


お見逃しなく

ヘンドリックスのイベント
ヘンドリックスのすべてを見ましょう。彼のトーク、コンサート、ギターレッスン、フォーカスセッション、レイトナイト・オープニングを通して、彼の音楽を追体験しましょう。

ヘンデル・ハウス・タレント
ヘンデル・ハウス・タレントでは、次世代の並外れた演奏家を育成し、紹介します。これは、未来のスター演奏者にとって、成功の足がかりとなります。イタリアのギター、ハープシコード、テオルボなど、古典楽器による演奏をお楽しみください。

ヘンデル・ハウス・シリーズ
バロック時代のヘンデルと彼の同時代の音楽を楽しみましょう。ルネサンス期に活躍したヘンデルの前任者たちの作品と、古典派初期に活躍したヘンデルの後継者たちの作品にもふれます。演奏には、18世紀の楽器が使われます。

イベントに関する最新情報については、ヘンデル&ヘンドリックス・ロンドンのカレンダーを必ずご確認ください。

入場方法

正面入口でパスをご提示ください。ドアが閉まっている場合は、ランカシャーコートのミュージアムの裏側の入口をご利用ください。

詳しくはこちら

Getting to ヘンデル&ヘンドリックス・ロンドン

Getting to ヘンデル&ヘンドリックス・ロンドン

  • ヘンデル&ヘンドリックス・ロンドン 25 Brook St Mayfair, London W1K 4HB If the door is closed, please use the other entrance at the back of the museum in Lancashire Court

Opening Times

Monday 11.00 - 18.00
Tuesday 11.00 - 18.00
Wednesday 11.00 - 18.00
Thursday 11.00 - 18.00
Friday 11.00 - 18.00
Saturday 11.00 - 18.00
Sunday 閉館
Last Admission: 17.00

Attractions Nearby

当社をご利用いただく300万人のお客様の一部からの言葉はこちらです。