ハンプトンコート宮殿

ハンプトンコート宮殿は、華麗なヘンリー8世の元住居で、彼は1520年代にこの宮殿を入手して拡張と整備を行いました。

The London Pass ロンドンパスのメリット:入場料が含まれています(ハンプトンコート宮殿) 通常 £23.70 - ロンドンパスに含まれるもの

ハンプトンコート宮殿でヘンリー8世王の巨大なチューダー・キッチン、世界的に有名な迷宮、テニスコートを見学しましょう

ハンプトンコート宮殿は華麗なヘンリー8世王の元住居です。1520年代にこの宮殿を入手した彼は、それ以来拡張と整備を行いました。王室の居住者は何世紀にもわたってこの王宮を耽美主義のタペストリーや絵画で飾ってきました。60エーカーの幾何学式庭園には、有名な迷宮の他にグレート・バインがあり、訪れてみる価値があります。

今月の開館時間の変更など、弊社の閉館情報と通知のページでご確認ください

ハイライト:

  • グレート・バインのブドウ園は1769年に植えられました(2005年のギネスワールドブックに登録) 
  • 迷宮は、歴史家のアーネスト・ローによれば世界で最も有名なものです 
  • 巨大なチューダー・キッチンは王宮全体の食事を準備するために建設されました 
  • ハンプトンコートガーデンは、60エーカー以上の豊かな緑樹が、パークランド、そしてプランテーションまで広がっています
  • ヘンリー8世の王冠はオリジナルのモデルとして国王座席に展示されています

 

以下の事実をご存知でしたか:

  • ハンプトンコート宮殿は、キャサリン・ハワード王妃と思われる泣き叫ぶ女性の幽霊が出没すると信じられており、灰色のお化けのデイム・シビル・ペンがクロックコートを歩き回ると信じられています
  • 1647年夏のチャールズ1世の謎の失踪については今なお論争を呼んでいますが、彼はその夏にハンプトンコートの貴族刑務所から逃げ、ワイト島行きの船で立ち去ったと言われています
  • ハンプトンコートガーデンは春を通じて花が咲き続ける20万株以上の球根の花を見せてくれます 
  • イギリスで最も大きな最後の中世ホール、グレートホールでは、1603年にシェイクスピア・カンパニーによる「国王一座」が上演されました
  • テニスコートを囲む壁の3面は17世紀に遡るもので、そのうちの1面はウルズリー枢機卿のオリジナルです

必見スポット: 

ガイド付きツアー

ハンプトンコート宮殿には無料ガイドツアーが付いています。コスチュームに身を包んだツアーガイドが、この歴史的建造物を案内し周、王宮の物語を生き生きと語ってくれます。インタラクティブガイドで、王宮のスキャンダルやゴシップについても学びましょう(ご要望に応じて音声ガイドもご利用いただけます)。

グレートバイン

1769年に植樹されたブドウ園ははるか昔からハンプトンコート宮殿の目玉です。もともとの名前は「シバ・グロッサ」でした。これは、黒いハンバーグという意味です。  ブドウ園は今なおビクトリア風の伸長法で耕作されており、温室が利用されています。ブドウは通常8月の祝祭日の後に熟成しますが、12月の最初の3週間に販売が行われます。過去には、ビクトリア女王のためにウィンザー城までブドウが運ばれていました。

王冠

ヘンリー8世のために作られ、その子供たちの戴冠式で着用された王冠のレプリカは、観光客が観ることができるよう王座に置かれています。それは権力、君主、宗教的権威の象徴として存在しています。オリジナルは1649年にオリバー・クロムウェルの命令によってロンドン塔で溶かされてしまいました。  レプリカはヘンリー8世の仕え人による詳細な説明に基づいて製作されました。王冠を飾った344個のルビー、サファイア、エメラルド、ダイヤモンド、真珠のサイズと位置の詳細がリストとして残されています。

チャペルロイヤル 

チャペルロイヤルでは1年を通じて伝統的な礼拝が行われています。ここは宗教建築の傑作であり、チューダー朝の色彩豊かなデザインです。  国王と女王はチャペルの本体を見下ろすプライベートな信者席に座ります。大主教クランマーが1540年にヘンリー8世にキャサリン・ハワード妃の浮気行為について糾弾する手紙を手渡した時にもここにありました。

ハンプトンコートガーデン

ハンプトンコートガーデンは賞賛に値する庭園の傑作です。公園は750エーカーにおよび、幾何学式庭園が60エーカーを覆っています。コートガーデン内にはグレートバインと秘密の庭園がありますが、それはウィリアム3世のために改造されたもので、馬上槍試合場の壁の他に、700エーカーの敷地に池や野生鳥などが棲息する鹿の園であるホームパークなどがあります。1690年からあるパレス迷宮には、半マイル(約800m)の距離にわたって、7フィート(約2メートル)の高さのイチイの樹の間を曲がりくねって進む通路があります。

チューダーキッチン

チューダー様式のダイニングの遺産である、ハンプトンコートにあるヘンリー8世のキッチンは、その当時最大級のキッチンでした。1530年から1737年の間に建てられたこのキッチンは、最大600名の食事を日に2度提供することができ、国王の催す晩餐会もここで準備されました。キッチンでの仕事は暑く、汚れるものであり、1554年にスペインから来た訪問者はそれを「真の地獄」と呼びました。コックは厨房の火のそばでほとんど衣服をまとわずに横たわることもよくありましたが、ビールはすべて彼らの手が届くところにあったため、仕事をしながら飲んでいたものでした。 

アクセス:

- ウィンブルドン駅またはウォータールー駅からサウスウェスト列車でハンプトンコート駅まで乗車
- 地下鉄または地上の電車でリッチモンド駅まで乗車し、ハンプトンコート停留所まで R68 のバスに乗車
- ハンプトンコートはロンドン交通網のゾーン6にあるため、オイスタートラベルカード付きのロンドンパスを選択し、十分なクレジットが残っている場合、旅費は含まれています (クレジットのチャージが必要な場合もあります)

ロンドンパスを最大限に活用するには:

- オイスタートラベルカード付きのロンドンパスを使ってハンプトンコート宮殿まで移動することができます。この道程には、多数のプリペイドクレジットを使用することになることにご注意ください。 
- ロンドンパスを提示すれば優先入場が楽しめます - 観光客で混雑する夏季には大いに時間の節約になります
- ハンプトンコート宮殿を訪問したら、ロンドンパスを使って、すべて無料で訪問できる以下のロンドンの他の宮殿もご検討ください。ケンジントン宮殿エルサム宮殿またはウィンザー城の女王の居住地など

ロンドンパスの保有者はまた、ハンプトンコート宮殿の土産物店やティルトヤードカフェで、10%の割引特典を受けることができます(制限があります)。

ご注意ください:庭園の中のテニスコートは夏季のみ見学ができます。 

以下をご覧ください:
観光名所の全リスト

詳しくはこちら

Getting to ハンプトンコート宮殿

Getting to ハンプトンコート宮殿

  • ハンプトンコート宮殿 Hampton Court Palace, East Molesey, Surrey KT8 9AU
  • Closest Underground Station Hampton Court
  • Closest Bus Stop Stop L & K: Route 411

10日のパスで24%、6日のパスで20%、3日のパスで10%を節約する。注意:DiscountはTravel要素には適用されません。 (オファーの終了 Monday 27 May)今買う

Opening Times

10月中旬から3月中旬まで
Monday 10.00 - 16.30
Tuesday 10.00 - 16.30
Wednesday 10.00 - 16.30
Thursday 10.00 - 16.30
Friday 10.00 - 16.30
Saturday 10.00 - 16.30
Sunday 10.00 - 16.30
Last Admission: 15.30
3月中旬から10月中旬まで
Monday 10.00 - 18.00
Tuesday 10.00 - 18.00
Wednesday 10.00 - 18.00
Thursday 10.00 - 18.00
Friday 10.00 - 18.00
Saturday 10.00 - 18.00
Sunday 10.00 - 18.00
Last Admission: 17.00

Attractions Nearby

  • ウィンブルドン・ツアー体験

    ウィンブルドン・ツアー体験パスに含まれているもの - 通常 £25

    View attraction
  • ウィンブルドン・ローンテニス博物館(Wimbledon Lawn Tennis Museum)

    ウィンブルドン・ローンテニス博物館(Wimbledon Lawn Tennis Museum)パスに含まれているもの - 通常 £13

    View attraction
  • トゥィックナム競技場ツアーとラグビー博物館

    トゥィックナム競技場ツアーとラグビー博物館パスに含まれているもの - 通常 £25

    View attraction

当社をご利用いただく300万人のお客様の一部からの言葉はこちらです。