チャールズ・ディケンズ博物館

ディケンズが、いくつかの傑作を執筆した家を見学してみませんか。

The London Pass ロンドンパスのメリット:入場料が含まれています(チャールズ・ディケンズ博物館) 通常 £10.00 - ロンドンパスに含まれるもの

ディケンズが生活していた家を見学して、イギリス屈指の有名小説家の暮らしに思いをはせ、愛用品などをご覧ください。

ロンドン中心部にあるチャールズ・ディケンズ博物館は、イギリス屈指の偉大な小説家を称えるものです。博物館には、ディケンズの愛用品から記念品、挿絵、小説の原稿まで、10万点を超えるアイテムが展示されています。

ロンドンパス®で、チャール・ ディケンズ博物館をお楽しみください

  • 入り口で入場料を支払う必要はありません―パスを見せるだけです。 
  • 数々の名作を残した偉大な作家、チャールズ・ディケンズの家を見学してみましょう。
  • 博物館に入館して、季節ごとのイベントや展示をお楽しみください。

 

 

チャールズ・ディケンズ博物館歴史

  • 1837年、ビクトリア女王が即位する数か月前、チャールズ・ディケンズと妻のキャサリンは新居に引っ越しました。ロンドンのダウティー・ストリート 48番にあるこのビクトリア朝式の家は、ディケンズ夫婦にとっては家庭の中心でした。夫妻はこの家に当時の有力人物を招待して、夕食会やパーティーを楽しみました。訪問客から家族(ディケンズには、10人の子供がいました)、召使まで、自宅は彼にとってはインスピレーションの天国でした。ディケンズは、身の周りの出来事や人物を観察し、ロウソクの明かりの下で、「オリバー・ツイスト」、「ピックウィック・ペーパーズ」、「ニコラス・ニクルビー」といった代表作、さらに社会への意見を述べる新聞記事やエッセイを執筆しました。自宅の書斎こそが、ディケンズを世界で最も偉大な作家、学者としての名声を確固たるものにした場所でした。
  • 現在、この住宅はチャールズ・ディケンズ博物館となっています―同館は、ディケンズと彼の作品に映し出されたビクトリア朝社会に関する国際研究センターとしても機能しています。文化遺産宝くじ基金からの大きな援助や、多くの信託、財団、寄付者からのスポンサーシップやパートナーシップを通じて、チャールズ・ディケンズ博物館にはディケンズの人生と作品について、世界で最も包括的で豊富なコレクションが収蔵されています。

 

ハイライト

  • この家はディケンズが住んだ家のなかで、唯一現存する家となっています。 一般的に知られているディケンズ像の背後にある、プライベートな世界を明らかにします。
  • ディケンズの書斎、家族の寝室、階下にある使用人部屋を覗いてみましょう。 当時の家具、食器、ポートレート、大理石の胸像、陶器の装飾品、絵画などで飾られた部屋を歩いてみてください。
  • 常設展示には、ディケンズの肖像、作品の原稿、身の回りの物、手紙などが含まれています。 ディケンズ博物館には、観光名所を散策したあと、ひと休みするのにぴったりなカフェもあります。

 

チャールズ・ディケンズ博物館豆知識

  • 博物館では、ディケンズの机、そこで書いた小説の手書き草案、若い妻の婚約指輪など、貴重な品を見ることができます。
  • ディケンズの人生は、初めから順風満帆というわけではありませんでした。ディケンズが12歳のとき、父親は借金が返済できず、債務者刑務所に送られました。ディケンズの母親と兄弟は父親と一緒に刑務所に入所しため、残されたディケンズは家族の友人宅で貧困に苦しむことになりました。
  • 作家として成功したのち、ディケンズの本が絶版になったことはありません。

 

お見逃しなく

教育的イベント

博物館では、KS1からAレベルまでの生徒向けに、カリキュラムに関連したワークショップ、アクティビティ、ツアー、交流型訪問など、活気あるプログラムを提供しています。

家族で楽しめるアクティ

ビティ セルフガイドによる家族向け展示ルートや、若い訪問者向けの音声ガイド、ドレスアップして遊べる時代物のコスチュームなど、この博物館では家族が楽しく過ごすことができます。

最新のイベントについては、博物館の公式サイトをご覧ください。

旅行前に知っておくべきこと

博物館のスペースが限られているため、グループで見学する場合、一度に10人未満のグループだけが入館できます。10人を超えるグループは事前に予約が必要です。申し訳ありませんが、ロンドンパス®はグループ予約には使用できません

ロンドンパスを最大限に活用

チャールズ・ディケンズ博物館は博物館地区にあります―博物館地区はロンドン中心部にあり、世界クラスの博物館が13館もあります。地図をチェックして、どのような博物館があるかをご確認ください:いくつかの博物館は、ロンドンパスでご入場いただけます。

アクセス方法

地下鉄:ラッセルス・クエア駅(ピカデリー線)、チャンセリー・レーン駅またはホルボーン駅(セントラル線)、キングス・クロス駅、セント・パンクラス駅(サークル線、ハマースミス線、シティ線、メトロポリタン線、ノーザン線、ピカデリー線、ビクトリア線、国内および国際鉄道サービス)。

バス:バス番号7、17、19、38、45、46、55、243。

参考:
観光名所の全リスト

 

 

 

 

 

 

詳しくはこちら

Getting to チャールズ・ディケンズ博物館

Getting to チャールズ・ディケンズ博物館

  • チャールズ・ディケンズ博物館 48 Doughty Street London, WC1N 2LX

Opening Times

Monday 閉館
Tuesday 10:00 - 17:00
Wednesday 10:00 - 17:00
Thursday 10:00 - 17:00
Friday 10:00 - 17:00
Saturday 10:00 - 17:00
Sunday 10:00 - 17:00
Last Admission: 16:00

Attractions Nearby

  • カーゾン・ブルームズベリー

    カーゾン・ブルームズベリーパスに含まれているもの - 通常 £17

    View attraction
  • ロンドン交通博物館(London Transport Museum)

    ロンドン交通博物館(London Transport Museum)パスに含まれているもの - 通常 £18

    View attraction
  • 孤児院博物館

    孤児院博物館パスに含まれているもの - 通常 £12

    View attraction

当社をご利用いただく300万人のお客様の一部からの言葉はこちらです。