バンケティング・ハウス

The London Pass ロンドンパスのメリット:入場料が含まれています(バンケティング・ハウス) 通常 £7.50 - ロンドンパスに含まれるもの

バンケティング・ハウスは、1530年から1698年にかけて、イギリス国王が住んでいたホワイトホール宮殿のなかで現存する唯一の建物です。バンケティング・ハウスは、1622年に完成しました。イギリスにおける新古典主義最初の建物で、ピーター・ポール・ルーベンスによって作成された崇高な天井が印象的です。また、チャールズ1世が処刑された場所としても有名です

ロンドンパス®で、バンケティング・ハウスをお楽しみください

- 入り口で入場料を支払う必要はありません―ロンドンパスをお見せいただくだけです。
- イギリスにおける新古典主義最初の建物をご鑑賞ください。
- この建物の豊かな歴史と、イギリス王室について学ぶことができます。
- 著名な画家ピータ・ーポール・ルーベンスによって作成された、バンケティング・ハウスの素晴らしい天井をご覧ください。この天井は、1636年に設置されました。

バンケティング・ハウスの歴史

ホワイトホール宮殿は、1530年から1698年までイギリス王室の邸宅でした。バンケティング・ハウスは、その壮大な建物の一部でした。この敷地には、以前はヨーク・プレイスと呼ばれていた邸宅がありましたが、ヘンリー8世は、この邸宅をウォルシー枢機から押収しました。ヘンリー8世は、イギリス国教会の最高責任者としての地位に合わせて、建物を大きく増築しました。そして、ヘンリー8世は、この建物をホワイトホール宮殿と改名しました。

長年にわたり、宮殿には公式のバンケティング・ホールがありませんでした。1619年、宮殿初の恒久的なバンケティング・ハウスが、ジェームズ1世のために建てられましたが、すぐに火事により焼失してしまいました。しかし、ジェームズ1世はあまり落胆しませんでした。ジェームズ1世とデンマーク出身の妻アンは、バンケティング・ホールで仮面劇を行うことを、とても楽しみにしていました。残念なことに、ホールには支柱がたくさんあったため、観客からは仮面劇が見えにくくなっていました。

ジェームズ1世は、キングス・ワークスの測量士に命じて、新しいバンケティング・ハウスを建設させました。命令を受けた建築家イニゴ・ジョーンズは、フランスとイタリアを旅行中に見たパラディオの新古典主義の建物から大きなインスピレーションを得ました。イニゴ・ジョーンズは、壮大な新古典主義建築に触発され、新しいバンケティング・ハウスは、1622年に完成しました。そして、新しいバンケティング・ハウスには、支柱がありませんでした。おそらく、それが一番重要なことだったのでしょう。国王は、それを見てとても満足しました。

バンケティング・ホールの天井部分は、ピーター・ポール・ルーベンスにより、作成され塗装されました。9枚の天井画はチャールズ1世の命により製作されました。天井画のテーマは、父親であるジェームズ1世の人生と業績を称えるものでした。ジェームズ1世を宗教的な人物―ソロモンのように領土を支配し、天国に向かう人物―として描くことで、スチュアート王朝、ならびに、その後継者を神の地位にまで引き上げたのです。

絵画が設置されてから13年後の1649年1月30日、チャールズ1世はその天井画の下を歩き、特別に造られた断頭台に向かいました。9枚の天井画で祝福された国王の神聖な権利をもってしても、チャールズ1世は救われず、斬首されてしまいました。

1698年、バンケティング・ハウスを除くホワイトホール宮殿は、すべて火災により焼失してしまいました。バンケティング・ホールとしては使用できなくなってしまったため、礼拝堂に改修されました。その後、イギリス王立防衛安全保障研究所の博物館に生まれ変わりました。これは、19世紀にポートランド・ストーンに塗り直されました。今日では、イギリス建築および荘厳なデザインの主な例として、また新古典主義様式で完成されたイギリス初の建築物として注目を集めています。バンケティング・ハウスは、その建築様式、豊かな歴史、壮厳な天井により、イギリス第一級指定建築物となりました。

バンケティング・ハウスのハイライト

  • デザインの数学的精密さと豊かな歴史に思いをはせながら、メインホールを見学しましょう。
  • ピーター・ポール・ルーベンスによる有名な天井を見上げてみましょう。この天井は、スチュアート王朝を称賛するものです。
  • チャールズ1世が処刑された場所は、ホワイトホールのバンケティング・ハウスのすぐ外にあります。
  • アーチ型天井が特徴的なアンダークロフトは、ジェームス1世がロイヤルパーティを開催した場所です。

バンケティング・ハウスの豆知識

  • パラディオ様式で建築されたバンケティング・ハウスは、そのデザインやレイアウトに数学的要素をふんだんに使用しています。たとえば、メインホールは立方体が2つつながった形になっています。つまり、高さと幅が同じで、長さが2倍になっています。
  • チャールズ1世の処刑の日、公式死刑執行人であったブランドンは、職務の実行を拒否しました。彼の助手は彼を見つけることができませんでした。結局、変装した2人の男が刑を執行しました。彼らの身元は今でも分かっていません。
  • エレクトリック・ライト・オーケストラのデビューアルバムの写真は―メンバーの数名が17世紀の衣装を着けていた―1971年バンケティング・ハウスで撮影されました。

お見逃しなく

チャールズ1世の処刑場
チャールズ1世は、1649年1月のひどく寒い日に、バンケティング・ハウスのすぐ外にある、ホワイトホールの舗道で処刑されました。チャールズ1世の最期の言葉は、「我は、この堕落した王位を離れ、堕落し得ぬ、人生の極致へと向かう」でした。毎年バンケティング・ハウスでは特別礼拝が行われ、チャールズ1世を追悼しています。ご見学中、イングランド内戦が頂点に達したこの場所を必ず訪れましょう。

特別イベント
バンケティング・ハウスでは、一年を通して数多くの特別イベントが開催されます。たとえば、バンケティング・ハウスを建設した人物、使用した人物、ここで処刑された人物(チャールズ1世)に関する講演会などです。これらのイベントは、ロンドンパス®には含まれていません。バンケティング・ハウスの特別イベントの詳細については、ここから公式ウェブサイトでご確認ください。

旅行前に知っておくべきこと

バンケティング・ハウスは、通常、午前10時から午後5時まで開館しています。ただし、一年を通して、大規模または小規模なイベントが開催されることがありますので、開館時間が短縮されたり、閉館されたりする場合があります。見学日を計画するためにバンケティング・ハウスの営業日を確認する場合は、ここから公式ウェブサイトでご確認ください。

車椅子をご利用のお客様は、施設に接続された建物内のエレベーターにより、バンケティング・ハウスのメインホールを見学することができます。このエレベーターは、平日のみご利用いただけます。移動を心配されているお客様(車椅子をご利用など)は、見学予定日にエレベーターが利用できるか、バンケティング・ハウスに直接お問い合わせされることをお勧めします。お電話(02031 666155)で、バンケティング・ハウスの担当者にお問い合わせください。その他のアクセシビリティに関する情報については、こちらでご確認ください。

 

入場方法

メイン・エントランスでロンドンパス®を提示してください。

正面入口でパスをご提示ください。この会場は式典やイベントのため早く閉まる場合があります。ご訪問の前に (+44) 020 3166 6155 / 6154 / 6152 に電話でご確認ください。

ロンドンパス®を最大限に活用する

- ここはロンドンでも豊かな歴史がある地区です。この地区を散策すると、多くの歴史的観光名所を見学することができます。アメリカ建国の父がロンドンで暮らした邸宅、ベンジャミン・フランクリン・ハウスに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

- チャーチル博物館・内閣戦時執務室は、歩いてすぐの距離にあります。第二次世界大戦中に、ウィンストン・チャーチルが使用した防空壕に足を運び、戦争中の地下での生活に思いを巡らせてみましょう。

どちらのアトラクションも、入場料はロンドンパス®に含まれています。


アクセス方法

地下鉄
- ウェストミンスター駅 - サークル線、ディストリクト線、ジュビリー線(アトラクションから徒歩5分)
- エンバンクメント駅 - ベーカールー線、サークル線、ディストリクト線、ノーザン線(徒歩5分)

鉄道
- チャリング・クロス駅 - 徒歩10分
- ウォータールー駅 - 徒歩15分

バス
- 3番、11番、12番、24番、53番、87番、88番、159番のバスは、バンケティング・ハウスの近くに停車します。

詳しくはこちら

Getting to バンケティング・ハウス

Getting to バンケティング・ハウス

  • バンケティング・ハウス The Banqueting House Whitehall London SW1

Opening Times

Monday 10.00 - 17.00
Tuesday 10.00 - 17.00
Wednesday 10.00 - 17.00
Thursday 10.00 - 17.00
Friday 10.00 - 17.00
Saturday 10.00 - 17.00
Sunday 10.00 - 17.00
Last Admission: 16.15

Attractions Nearby

  • ウェストミンスター寺院

    ウェストミンスター寺院パスに含まれているもの - 通常 £24

    View attraction
  • チャーチル博物館・内閣戦時執務室

    チャーチル博物館・内閣戦時執務室パスに含まれているもの - 通常 £23

    View attraction
  • ベンジャミン・フランクリン・ハウス

    ベンジャミン・フランクリン・ハウスパスに含まれているもの - 通常 £8

    View attraction
  • 近衛騎兵隊博物館

    近衛騎兵隊博物館パスに含まれているもの - 通常 £9

    View attraction

当社をご利用いただく300万人のお客様の一部からの言葉はこちらです。