予約 が 必要

アプスリー・ハウス

The London Pass ロンドンパスのメリット:入場料が含まれています(アプスリー・ハウス) 通常 £12.50 - ロンドンパスに含まれるもの

豪華で歴史あるアプスリー・ハウスは、かつては、初代ウエリントン公爵の邸宅として使用されていました。見事なインテリア、素晴らしい美術品、芸術品が飾られた宮殿のような建築物です。

アプスリー・ハウスは、ワーテルローの戦いでナポレオンを破ったことで有名な、初代ウエリントン公爵、アーサー・ウェルズリーのロンドンの邸宅として使用されていました。現在、この豪華な邸宅は建築当時のまま現存されており、ウェリントン公爵の偉業を称える博物館として一般公開されています。ここでは、初代ウェリントン公爵の絵画コレクション、軍事活動で使用された武器や防具の数々、ウェリントン公爵の膨大な軍事情報などが展示されています。

- 入り口で入場料を支払う必要はありません―パスを見せるだけです。

初代ウェリントン公爵の絵画コレクションに加え、ヨーロッパ各国の統治者から数多くの贈答品も展示されています。

ワーテルローの戦いでナポレオンを打ち負かし、ナポレオン戦争を終結させた偉人の歴史をご覧ください。博物館には、19世紀の最も有名な軍事指導者であり政治家でもある、ウェリントン公爵の衣類やメダル、武器などをが展示されています。彼の偉大な歴史を学ぶことができます。

ステート・ダイニングルームやワーテルロー・ギャラリーなど、圧倒されるほど豪華な貴族の邸宅をご覧ください。

アプスリー・ハウスの歴史

アプスリー・ハウスは、ファッショナブルな人物としても有名だった建築家のロバート・アダムが設計し、1771年から1778年にかけて建設されました。ハイドパークの入り口に位置しており、もともと大法官アプスリー卿(後の第2代バサースト伯爵ヘンリー・バサースト)のために建てられたものです。この邸宅は、西からロンドンを訪れる旅行者がナイツブリッジの有料ゲートを通った後、最初にある家だったため「ロンドン一番地」と呼ばれるようになりました。

ワーテルローの戦いでナポレオンを打ち負かし、ナポレオン戦争を終結させた後、初代ウェリントン公爵アーサー・ウェルズリーはこの邸宅を購入しました。ウェストミンスターで政治家として活動するために、ロンドンに邸宅が必要となったためです。1828年から1830年まで、そして1834年はわずか1ヶ月間でしたが、2度にわたって総理大臣を務めました。

半島戦争とナポレオン戦争で多くの功績を挙げた後、ウェリントン公爵の爵位を受けました。イギリス議会はその業績を称え、700,000ポンドを贈りました。ウェリントン公爵は、そのお金で「ワーテルロー宮殿」を新しく建設する予定でした。一方、当時アプスリー・ハウスを所有していたウェリントン公爵の兄は、経済的理由により邸宅を手放すことを余儀なくされていました。そこで、若きウェリントン公爵は自分の宮殿を新しく建設する代わりに、アプスリー・ハウスを匿名で購入することにしました。取引は成立し、ウェリントン公爵は兄の経済的困難を救い、自らは貴族、政治家としての新しい生活に合う、完成済みの邸宅を手に入れたのです。

ウェリントン公は、幾度かアプスリー・ハウスの改装を行いました。建設工事は、元秘書のベンジャミン・ディーン・ワイアットに依頼されました。北東部に3階建ての建物を増築し、そこにステート・ダイニングルームとベッドルーム、ドレッシングルームを作りました。1828年には、新しい階段とワーテルロー・ギャラリーも増設しました。暴動でアプスリー・ハウスの窓が破壊されると、鉄製のシャッターと手すりをつけて、邸宅の守りを固めました。「鉄の公爵」というニックネームは、ウェリントン公爵の軍事力、性格、政治力よりはむしろ、この事件が由来していると考えられています。

ウェリントン公爵は、奥行き28メートルのワーテルロー・ギャラリーを、増え続ける美術所蔵品の展示エリアにしました。その多くは、ナポレオンに勝利した功績を称え、ヨーロッパ各国の統治者から贈られたものです。このような美術所蔵品は現在も展示されているため、アプスリー・ハウスの見どころのひとつとなっています。手入れの行き届いた邸宅の豪華な内装に加え、ウェリントン公爵にまつわるトロフィー、記念品、メダル、武器など数多くの展示品を見ることができます。

今日でも、アプスリー・ハウスの一部には、現在のウェリントン公爵が住んでいます。イギリス貴族のタウンハウスが当時のまま現存している例としては唯一の建物です。アプスリー・ハウスの居住部分以外は、1952年に博物館として一般公開されました。ここでは、初代ウェリントン公爵が住んでいた当時の様子を見ることができます。

アプスリー・ハウスのハイライト

かつて、アプスリー・ハウスを自宅とした、イギリスの国民的英雄の生活を見学しましょう。ウェリントン公爵のロンドンの住居を、マルチメディアで紹介するセルフガイドツアーでは、その功績、私生活、趣味、遺産について詳しく知ることができます。

ルーベンス、ゴヤ、タイタン、ベラスケスなど、スペイン王フェルナンド7世からウェリントン公爵に下賜された絵画など、素晴らしい美術所蔵品をご覧ください。

地下にあるギャラリーでは、メダル、盾、武器など、鉄の公爵にまつわる記念品を見ることができます。

世界中の皇帝、皇太子、国王は、この偉大な軍人に家具、彫像、装身具、敷物などを贈りました。このような美術品で飾られた、アプスリー・ハウスの見事なインテリアをご堪能ください。

アプスリー・ハウスの豆知識

イギリス軍の英雄として名高いウェリントン公爵は、実はアイルランドのダブリン出身でした。20歳の時、アイルランド議会の議員に選出され、議員を5年間務めました。

イギリスには、ウェリントン公爵に因んで名づけられたパブが90軒以上あります。

「ウェリントンブーツ」も、このウェリントン公爵に因んで名づけられました。ウェリントン公爵は軍事活動中、特注の多目的ブーツを履いていました。この時代に一般的だったヘッセン靴よりも、踵が低めで脛を覆うスタイルのものでした。また、夜会用礼装にも適したデザインとなっていました。1852年から、革製ではなくゴム製のものが製造されるようになりましたが、モデル名は変わりませんでした。

お見逃しなく

営業日と営業時間は年間を通して変わることがあります。週末はほとんど営業していますが、平日は季節によっては営業していない場合があります。詳しくは公式ウェブサイトをご覧ください。


ロンドンパスを最大限に活用

ロンドンパスで、手入れの行き届いた貴族の邸宅をご覧ください。ロンドンパスをお持ちの方は、館内をスマートに見学できるマルチメディアガイドをご利用になれます。ウェリントン公爵について知識を深めたなら、ウェリントン・アーチ(凱旋門)もご覧ください。ワーテルローの戦いを勝利に導いたウェリントン公爵を讃える凱旋門は、アプスリー・ハウスの向かいにあります。入場料はロンドンパスに含まれています。

旅行前に知っておくべきこと

ワークショップやイベントは、変更される場合があります。事前に空き状況の確認を電話でお願いします。

アクセス方法

地下鉄

ラッセル・スクエア駅 - ピカデリー線 キングス・クロス・セント・パンクラス駅 - ノーザン線、ピカデリー線、ビクトリア線、ハマースミス線、シティ線、 メトロポリタン線 ユーストン・スクエア駅 - サークル線、ハマースミス線、シティ線、メトロポリタン線

鉄道

キングス・クロス駅、セント・パンクラス・インターナショナル駅

ロンドン・ユーストン駅

バス

7、59、68、91、98、168、188

 

以下をご覧ください:
観光名所の全リスト

 

 

詳しくはこちら

視察 アプスリー・ハウス

視察 アプスリー・ハウス

  • 予約 が 必要 予約方法 website
  • アプスリー・ハウス 149 Piccadilly Hyde Park Corner London W1

営業時間

1 April - 31 December
Monday 閉館
Tuesday 閉館
Wednesday 10:00 - 16:00
Thursday 10:00 - 16:00
Friday 10:00 - 16:00
Saturday 10:00 - 16:00
Sunday 10:00 - 16:00
Last Admission: 15:30
1 January - 31 March
Monday 閉館
Tuesday 閉館
Wednesday 閉館
Thursday 閉館
Friday 閉館
Saturday 10:00 - 16:00
Sunday 10:00 - 16:00
Last Admission: 15:30

Closed:

季節別の閉館日については wellingtoncollection.co.uk/plan-your-visit でご確認ください

アトラクションの周辺

  • ウェリントン・アーチ

    ウェリントン・アーチパスに含まれているもの - 通常 £7

    View attraction
  • ロイヤル・アルバート・ホール

    ロイヤル・アルバート・ホールパスに含まれているもの - 通常 £15

    View attraction
  • ロイヤル・ミューズ

    ロイヤル・ミューズパスに含まれているもの - 通常 £13

    View attraction

当社をご利用いただく300万人のお客様の一部からの言葉はこちらです。