アプスリー・ハウス

The London Pass ロンドンパスのメリット:入場料が含まれています(アプスリー・ハウス) 通常 £11.60 - ロンドンパスに含まれるもの

ウェリントン公爵のアプスリー・ハウスでまばゆいばかりのインテリア、宝物、卓越したアートコレクションを鑑賞しましょう。ウォータールー・ギャラリーを見学し、最新のマルチメディアのガイドや展示物を楽しみましょう。

有名なことですが、ウェリントン公爵の以前の邸宅であり、かつて「ロンドン市1番地」の住所がついていたアプスリー・ハウスは、今なおロンドンで最も壮麗な歴史的邸宅であり続けています。ロバート・アダムが設計し、1771年から1778年の間に建造されたハイドパーク・コーナーのアプスリー・ハウスは、ロンドンの大邸宅の中でも最も壮麗なものです。ここはウェリントン公爵が、軍人から退職した後の邸宅となりました。公爵は1815年のウォータールーにおけるナポレオンへの勝利によって絶頂に達した、華々しい軍人でした。ロンドンで今日でも使用されている唯一の残存する貴族階級のタウンハウスです。

この大邸宅は、もともとアプスリー公爵のためにロバート・アダムが設計し、その後1807年にウェルズリー一族の手にわたりました。アプスリーのインテリアは、最初の公爵の人生と職業の多くの側面を祝っており、傑出したアートコレクションを誇っています。ベラスケス、ゴヤ、ティツィアーノ、ブリューゲルなど、数多くの有名な画家による絵画が一階の部屋の壁を飾っています。

ウェリントンは、1815年にナポレオンをウォータールーの戦いで破ったことで最も有名ですが、絶頂期の職業軍人として、インド、スペイン、フランスでも活躍しました。その一方で、主要な政治家として二度首相の座に就いています。

アプスリー・ハウスからロンドン最大の公園やウェリントン・アーチおよびハロッズなどの近隣の観光名所までは歩いてすぐの距離です。

必見スポット:

カノーバ作のナポレオンの裸体の巨像が家の中心にある階段の吹き抜けを占拠しており、その大変な重量を支えるために、補強工事を行わなければなりませんでした。

以下をご覧ください:
観光名所の全リスト

詳しくはこちら

Getting to アプスリー・ハウス

Getting to アプスリー・ハウス

  • アプスリー・ハウス 149 Piccadilly Hyde Park Corner London W1

さらに20%割引。期間限定。 (迅速にご購入! 販売終了 13 November)今買う

Opening Times

4月1日~10月31日
Monday 閉館
Tuesday 閉館
Wednesday 11:00 – 17:00
Thursday 11.00 - 17.00
Friday 11.00 - 17.00
Saturday 11.00 - 17.00
Sunday 11.00 - 17.00
Last Admission: 閉館30分前

Attractions Nearby

  • ウェリントン・アーチ

    ウェリントン・アーチパスに含まれているもの - 通常 £6

    View attraction
  • ロイヤル・アルバート・ホール

    ロイヤル・アルバート・ホールパスに含まれているもの - 通常 £15

    View attraction
  • ロイヤル・ミューズ(Royal Mews)

    ロイヤル・ミューズ(Royal Mews)パスに含まれているもの - 通常 £12

    View attraction

当社をご利用いただく300万人のお客様の一部からの言葉はこちらです。